私のアンティーク


私が今までずっと使っていたものの中で一番古いものと言えば

たぶん、このオルゴールだと思います。


org7


これは私が3、4歳くらいの時に

父方の祖父の何かの記念日の日に親戚一同が集まり、

皆でお祝いしたあと

祖父からプレゼントされたものでした。



父方の祖父には子供が12人ほどいて

それぞれが結婚し、子供や孫もいて

お嫁さんなどもいれて親戚一同が集まると、

それはそれはたくさんの人数で

とてもにぎやかな会でした。




私の父は早くから東京に出て暮らしていたので

実家のある地元には

そうちょくちょくは帰れず

私も、おじいちゃんを見るのは

その時が初めてでした。




祖父はその昔、蒔絵師をやっていて

作業場にはいろいろ絵付けされた作品が置いてありました。

職人気質の頑固そうな人で、

ちょっと近寄りがたい印象がありました。



その時、祖父と何か会話を交わしたのかどうか

全く覚えていませんが

帰りがけに、その時みんなの中で一番小さかった私に

プレゼントされたのがこのオルゴール

祖父が絵付けしたものです。

org0



色とりどりのお花の咲く公園で

風船を配っているおばあさん。


黄い風船をもらった男の子。

その隣には、どの色の風船をもらおうか迷っている私。

蝶々や小鳥たちも遊びに来ました。

箱にたくさんのパンを詰めて

パン屋のお兄さんが横切ります。



子供心に、これはきっとよその国なんだわって思ってました。

今思えば、私がまだ見ぬ外国

憧れ
を抱いた最初のきっかけは

たぶん、このオルゴールからだったと思います。




その頃は漠然とした『異国』のものだったこの光景が

『フランス』だったというのがわかったのは小学校1年生の時。

図書館で見た国旗の本

あの見覚えのあるトリコロールの旗2-6-2が載っていて、

これはあの男の子が持っている国旗だと気がついたのです。



org3



中を開けると、どこか懐かしい異国の曲が鳴り始めます。

赤いベルベットをあしらった引き出しの中に

おもちゃの指輪やネックレスをいれたり、

大事にしていた折り紙や着せ替え人形やリボンなど、

その時、その時で入れるものは違いましたが

今までずっと大切にしてきました。



今、引き出しに入っているのは

子供の時に買ってもらったおもちゃの指輪


org5


マダムアレクサンダーのマザーグースのブローチと

ミニチュアコレクション。



org6


引き出しの中は、子供の時からお気に入りだった

パンダのシール。






org4


ところどころ、塗装が剥げてしまって

オルゴールのラと高いミがでなくなってしまったけれど

そこには懐かしいものや、大切な宝物

いつも入っていました。




大きくなるにつれて、この場面がフランスで

登場人物もフランス人だということはわかってきたのですが

いつまでもわからないことがあって、

それがずっと心に引っかかっていたのです。

このどこか哀愁をおびた異国情緒漂うオルゴールのメロディー




ちょっと音楽を知っていそうな大人に

このオルゴールを持って行って聴かせて

その曲名を聞くのですが

一度は耳にしたことはあるものの、

曲名まで正確に答えられる人はいませんでした。


いかにもフランスっぽくてお洒落で華やかで

でも少しどこかしら物悲しい異国のメロディー。

大きくなってからも、この曲名を知りたいという気持ちは

一層募るばかりでした。



ある時、ロンドンのHMVに入った時

たまたまこの曲が店内に流れていたのです。

私はあわてて、曲が流れている間に店員に

この曲の曲名を教えて欲しいと尋ねました。

でも、若い店員さんにはわかりませんでした。



がっかりして、ハロッズに入ったら

今度はヤマハの自動演奏のピアノがこの曲を弾いていたんです。

自動演奏ならどこかに曲名がインプットされているハズ...

そう思って、自動演奏が取り付けられているボックスを探して

そこに入っているMIDIデータを見て、

それをノートに記して

日本に帰ってからそのMIDIデーター元に問い合わせて

その曲が映画『赤い風車』の主題歌の

『ムーランルージュの唄』だということが

ようやくわかったのです。






その曲名を知りたいと思った時から30年余りも経っていましたが

ちょっとした偶然が重なって

ようやくこの曲名を知る事ができた時は

おおげさかも知れないけれど

神様からの贈り物だと思いました。




org1



ムーランルージュとはフランス語で『赤い風車』

パリのモンマルトンの丘にあるキャバレー

1889年にオープンされて以来

歌や踊りなどのショータイムが夜な夜な繰り広げられて来ました。

華やかな衣装で踊る情熱的なフレンチカンカン

見るもの全てを圧倒するそうです。


画家のロートレックをはじめ

世界中のブルジュワから愛された『赤い風車』。

もしもフランスに行く機会があったら

ムーランルージュにも行ってみたいな。










ミニグーグリーちゃん




あれ? 

そんなところからのぞいているのは誰かな?
 
minmini0000



えへ!バレちゃった?


mimimig0
だって、ずっとこの中にいたから、飽きちゃったんだもん。


このピンクの箱が私のおうち。


花柄の壁紙に白いレースが付いていて素敵でしょ?





minighouse



扉にはこう書いてあるのよ。

『わたしは可愛いグーグリーちゃん。

だれもがわたしのことを好きになるわ』ってね。




minihouse2

お庭にちょっと出てもいいかしら。

だってほら、こんなにビオラが綺麗なんだもの。

最初は白い花びらが、だんだん薄いブルーに変わっていくの。



minig5

 
あはっ、ピンクのチューリップがあくびしちゃった!

minig15


なんていい香りなんでしょう~


minig16



えへへ.....ちょっぴり親指姫になった気分。

でもヒキガエルの王子様だけは嫌だからね。

 
minig0





ここはノースポールのお花畑。

 
minig10



ほら、お花のお歌が聞こえてくるでしょ



minig7


ねっ、知ってる?

ツツジの蜜ってとっても甘いのよ。


minig9

よいしょ、よいしょ、
たまにはおかあさんのお手伝いをしなくちゃね。

minig11


あぁ~。今日はたくさん遊んじゃった!


minig13


じゃぁ、またね!


minig2


『ミニグーグリーちゃんとカルトナージュのBox』

富野 有紀子さん

富野先生のお教室に飾ってあった

ちっちゃいミニグーグリーちゃんと目が合った途端

あまりの可愛らしさに、胸がキュンとなってしまいました

レッスンで作ったピンクのお裁縫箱のグーグリーちゃんが

一人で新幹線に乗るのは淋しいと駄々をこねたので

その事を先生にお話すると、快くしてくださって

無事に我が家に連れて帰ることができました 

全く、ピンクのお裁縫箱のグーグリーちゃんの

わがままぶりには困っちゃうわ! 

先生、ありがとうございました!




グーグリーちゃんとピンクのお裁縫箱

念願のビスクドール教室に通い始めました。

JRや新幹線を乗り継いで

片道およそ5時間もかかる遠いお教室。

最近ようやくひとりで新幹線
に乗れるようになった私が

今まで行ったことのない場所に、

しかも苦手なお針箱を持って行くなんて

誰が想像できたでしょう。

ビスクドールの先生は、

以前ビスクベビーちゃんでお世話になった

La Poupee富野先生です。




記念すべき第1作目はこれ 


S00



『グーグリーちゃんのピンクのお裁縫箱』です。

箱を開けるとそこは

私の大好きなピンク、ピンクの

ラブリーな世界が広がっています。




S55



赤いドットのスカートをまとったグーグリーちゃんは
 
ピンクッションになっています。

スカートに付いているお花は

待ち針になっています。



S1010

メジャーもグーちゃんとお揃いの生地で

可愛らしくデコレーション 

真ん中のバラ柄のおはじきがアクセントに付けられています。



S1313



テープも、リボンも、糸巻きもみーんなピンク。

台紙に留めたボタンも、とっても可愛らしいピンクです。

ニードルケースもこんなに可愛いの。



S22


ハーフドールのグーグリーちゃんのお顔は

すでに先生によってペイントされていましたが

グーちゃんのあんよの、こんな細かいところまで

ペイントされていました。


S99


女の子の夢がぎゅっと詰まった

ピンクのお裁縫箱

こんな素敵なものが

不器用を絵に描いたような私にも作れたなんて

とっても感激です。



先生の温かいご指導と

一緒に合宿してくれたhirokoちゃんに感謝です。


S011



長くなりそうなので一度たたみます。

レッスンの様子は『続きを読む』から.....

続きを読む

イースターバニーちゃん


E0


みんな、いいこと!よく聞いて
 
今日はとっても大切な日お仕事の日
 
子供達が目を覚ます前に
 
イースターエッグを隠すのがわたしたちのお仕事よ




E1
 
 
 
さぁ、みんな、準備はいいかしら
 
列を乱さないでさぁ、進め


E3




 迷子にならないように、みんなわたしの後ろについて来て!

前の人を押したりしたらダメですよ



e4



それでは、みなさん出発です

卵をどこに隠しましょう


 E7


チータカタッタ

チータカタッタ

チータカタッタッター

イースターバニーちゃんを乗せた車が

ゆっくりと動き出します。


EC2


 ひよこさんも.......うさぎさんも......


EC3



ひつじさんも......


EC1


 にわとりさんも.....

一生懸命イースターバニーちゃんの後をついて行きます。




さぁ、さぁ、早く 早く

お外が明るくなるまえに、

お庭のエリカの木の根元に隠しましょう




E8

さぁ、がんばって。あと一息

空がだんだん明るくなって来ました。

もうじき、おひさま
が登ってきます。

ふぅ〜


なんとか間に合ったわ

みんな、よく頑張ったわね

ご褒美に、アップルパイ


ストロベリーティーをごちそうするわ

それから、それから....zzzz





あれあれ....

 イースターバニーちゃんは、もう夢の中


朝早くからがんばったものね 




E9
 

お庭から

卵をさがしあてた子供達の笑い声が聞こえてきます 


イースターおめでとう♪

イー スターおめでとう♪



e12


バニーちゃんのお手伝いをしてくれた

ひよこやにわとりやうさぎや羊さんたちは

み〜んなチョコレートで出来ていて


イースターの時期になると

近所のキャンディーショップにお目見えします。

写真を1枚、また1枚写すごとに

チョコレートは私のお腹の中に入っていきました。




でも包み紙は捨てないの。


宝箱の中に大切にとっておきます。





Easter Bunnyちゃん。

1991年に発売されたマダムアレクサンダーのお人形です。



 

ウェディングドレスのBetsyちゃん

純白のウェディングドレスを身にまとった子が我が家にやって来ました。

1959年に作られた14” Betsy McCallちゃん( #614)。

我が家で2人めのAmerican Character toy 社の

14インチのBetsyちゃんです。

(1人目の子はこちら)

BETSY0
 

Betsyちゃんはもともと

1951年アメリカの婦人雑誌

「McCall's Magazine」に掲載されていた

ペーパードールとして誕生しました。 

Betsy1

着せ替えの服の可愛らしさなどから大ヒットし、

1952年にIdeal社によって

ソフトビニールヘッド、ハードプラスティックボディの

14インチのBetsyちゃんが作られました。

 

その後1957年にAmerican Character toy 社によって

8インチのTiny BetsyMcCallが

そして1958~59年にかけて

14インチの BetsyMcCallが誕生しました。


 またその後も 短期間ですが

「Betsy McCall」の名前のついた人形は

Horsmanや Uneeda社などから次々と

色々なサイズで発売されました。

2000年に入るとTonner Dollsも

Betsyちゃんを手がけるようになります。


このように Betsyちゃんは昔から

アメリカの女の子の誰からでも愛されるキャラクターとして

成長してきました。

BETSY5

私はどちらかと言うとVintageのBetsyちゃんは

8インチの子よりも14インチの子の方が

どこか懐かしい雰囲気を醸し出していて好きです。

なかなか状態の良い子に出会うのは難しいのですが

我が家にやって来た花嫁姿のBetsyちゃんは

髪の乱れも退色もなくとても良いコンディションの子でした。


BETSY3

 


BETSY4

頬をバラ色に染め

幸せそうなお顔を見ていると

私まで幸せのお裾分けをもらったような

Happyな気持ちになれます。


BETSY8

私よりもお姉さんのBetsyちゃん。

どんなおうちで、どんな子供に可愛がって

もらっていたのでしょう。

Vintageのお人形を迎えるたびに思います。

 

BETSY6

*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ