♪花を召しませ 召しませ花を

♪ 青い芽を吹く 柳の辻に

花を召しませ 召しませ花を

どこか寂しい 愁いを含む

瞳いじらし あの笑くぼ

ああ 東京の花売娘

『東 京 の 花 売 娘より』

hanakago1


思わず口ずさんでしまうような

可愛らしい花かごを持った少女です。

このお人形は昭和初期に作られたお人形で

少女の可愛らしさを表現するために

足を太めに作ってあるので

俗に『足太人形』と呼ばれていました。


hanakago2



鮮やかなピンクのワンピースを来た

金髪の巻き毛ちゃん。

きいちのぬり絵の世界からやってきた女の子のよう。

雑音の入った古いレコードを聴きながら

ひとり夢見る昭和レトロの乙女の時間に浸ってます。

hanakago3


文化ちゃんのひとりごと

わたしのなまえはさくらちゃん

ここのおうちの子になって

もうじき2年になるの

MOMO1


ところがね、今日ママがあたしにこう言ったの。

本当はあなた3つ子ちゃんだったのよって


MOMO2

えっ?!3つ子ちゃん?

あたし、今までそんなこと全然聞いてないよ


momo3

それってどういう意味?

あたしと同じこんな可愛いお顔の子が

あと2人もいるの?


momo4

そういうのって、テレビドラマの話の中だけだと思ってた。

いきなり言われたって

そんなのしんじらんな〜い!!




ふ〜ん、この子がそうなんだ。


なまえはかえでちゃんって言うんだって。



momoko5

あたしに似てる?

ちっとも似てないじゃない。


わたしの方がちょっとだけおめめが大きいし。

P1000433

それで、もうひとりの子はこの子。

ももこちゃんっていうんだって。



P1000441_2

ほら、このこの子だって、

あたしにちっとも似てないじゃない。


わたしの方がちょっとだけお鼻が高いもの。


P1000454

姉妹が増えて嬉しいでしょうって?

いきなりそんなこと言われても困っちゃう。

だってわたし、ずっとひとりっ子だって思ってたし。


momoko8


でも、ここのうちの子になりたいんだったら

わたしは別にかまわないけど


でもね、わたし達、3つ子にはならないからね。

うちのママっておんなじものを
集めたがるから

きっとまた仲間が増えるに決まってるんだから。



今日は文化人形で遊んでみました。

お人形は木夢の部屋からやって来た文化ちゃんです。

さくらちゃんは木夢の部屋が出来る前にやってきた子です。


最近のマイブームは文化人形とマトリョーシカ。

それを知ったお友達から

こんな可愛い文化ちゃんグッズをいただきました

一面に文化ちゃんのプリントがされていて

思わず胸がキュンとなってしまいます

よく見ると1人、1人の着ているお洋服が

みんなそれぞれ違ってます。

紅姫さんのオリジナルグッズだそうです。

P1000451

人形絵本

1冊の古い絵本があります。

P1000403_2

私が小さい頃に買ってもらった『まっちうりの少女』。

今まで何度読んだことでしょう。

表紙はボロボロにめくりあがり、印刷も色あせてしまってます。

でも、大好きな大好きな絵本です。

XX2
この絵本の登場人物はみんなお人形で作られています。

黄色の毛糸でできた髪の女の子は

祖末なつぎはぎだらけのお洋服を着ていました。

町行く人々の暖かそうな衣装とは対照的に

女の子が着ている薄手でボロボロの洋服の質感。

道行く人達の楽しそうな表情とはうらはらに

今にも倒れそうなうつろな目をした少女の表情。

冷たい雪の上を裸足で歩く少女の足はしもやけで赤くなっていて、

雪道をジャリ、ジャリと歩く音さえ聞こえます。

着ているものや背景の鮮やかな色彩と

豊かな人形たちの表情。
 
そこにはイラストやアニメでは

決して表現できないような世界がありました。
 
XXX2



凍える中、裏通りの家の窓から見えた楽しそうなクリスマスを

女の子はどんな気持ちで眺めていたのでしょう。

マッチの炎がともっているほんの少しの間は

幸せな気持ちになれます。

そこにはおいしそうなごちそうや

きれいな飾り付けをされたクリスマスツリーが見えてきました。


でも、マッチの炎が消えてしまうと

現実に引き戻されたちまち凍える雪の中にいます。


XX3


おばあさんに抱きかかえられ

天使に導かれ天国に登っていく最後の場面。

何度涙したことでしょう。

ページのところどころに涙のしみが残っています。



 最近、本屋さんで立ち読みをしていた時に

偶然この本のことが掲載されている本を見つけました。



『くりくりの本

かわいい手づくり雑貨 1000の手芸』


_SS400_

この本を開いてびっくり。

なんと私の大好きな絵本の話が載っていました。



この本に出てくるお人形は

1950年代に人形作家の熊谷達子さん(当時は谷内達子さん)が

戦後の何もない時代に、

工場からもらった針金で人形の芯を作り

布に模様を縫って染めて作ったそうです。 

近くの手芸屋さんに行けば

いろいろな材料がすぐ手に入る今の時代と違って

苦労して材料を探し回ったり、

身近なものを工夫して作り出すのは

どんなに大変だったことでしょう。

細かいところにもたくさんのこだわりが見られ

とても丁寧に作られているお人形たち。

鮮やかな色彩や、表情豊かなお人形は

長い間、子供たちに感動を与え続けてきました。


私もこんな風に、お人形を使って

物語のページにしてみたいなと思って

トリビュートとして作ったのがこの画像です。


madame alexanderのお人形を使って

マッチ売りの少女の画像を作ってみました。


背景のドールハウスも

熊谷さんの絵本をイメージして作りました。



x
 


 

G1


私のお人形好きは

もしかしたら、この本によって
 
培われたのかも知れません。

 

わたしの人形はよい人形



『あら、あら、お染めさん

可愛いお人形さんをお持ちだこと!』



『いえ、いえ、おみつさん

あなたの方がずっと可愛いお人形さんですよ』

kimu1


『おや、おや、おふくさん

素敵なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、お染めさん

あなたの方がずっと素敵お人形さんですよ』

kimu2


『まぁ、まぁ、おかよさん

綺麗なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、おふくさん

あなたの方がずっと綺麗なお人形さんですよ』


kimu3


『これは、これは、おまめさん

高価なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、おかよさん

あなたの方がずっと高価なお人形さんですよ』


kimu4

ふっふっふっふっふっ.....

口ではああ言っているけれど

一番素敵なのはこの私のお人形さん

わたしの人形はよい人形


kimu5



きむらさちよさん作 人形遊びのマトリョーシカ


文化人形のはなちゃん

「ねぇ、ねぇ、見て、見て!

ねぇったら!」

P1000335
 
「あら、はなちゃん、

そんなところにねっころがっちゃって.....何してるの?」


「ほら、可愛いでしょう!?


「えっ?何が


「んもぅ ほら、お顔を近づいてよく見てみてよ



P1000336


「ほら!


P1000326


「ほら、ほら!


P1000341


「あ! かわいいの、みぃつけた〜!」


P1000339



わぁ〜!!なんて可愛いバラのブローチなんでしょう

あれ?よく見るとファスナーで出来てます。

P1000338_2




このブローチはお友達でキルト作家さんの

monamieさんの作品 

ファスナーでバラのブローチが出来てるなんて驚きです。

しかも、とっても可愛いの!

ファスナーの金属の部分も

花びらのトリミングに上手く使われていて

とっても豪華に見えます。

色も私の大好きなピンク!!

色といい、サイズといい

はなちゃんのボンネットにもぴったりです。


P1000323

この文化人形はハナブンさんの文化ちゃん。

身長45センチの

我が家ではちょっと大きめの子。

ボディには木毛を使った本格的な作りです。



はなちゃん、素敵なブローチをつけて

今度一緒にお出かけしようね


お人形のハナブン
(ハナブンさんのサイト)

アンシャンテ
(monamieさんの主催するパッチワークキルトグループのブログ)


我が家にいるもうひとりの

ハナブンさんの文化ちゃんのページはこちら
*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ