わたしの人形はよい人形



『あら、あら、お染めさん

可愛いお人形さんをお持ちだこと!』



『いえ、いえ、おみつさん

あなたの方がずっと可愛いお人形さんですよ』

kimu1


『おや、おや、おふくさん

素敵なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、お染めさん

あなたの方がずっと素敵お人形さんですよ』

kimu2


『まぁ、まぁ、おかよさん

綺麗なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、おふくさん

あなたの方がずっと綺麗なお人形さんですよ』


kimu3


『これは、これは、おまめさん

高価なお人形さんをお持ちだこと!』


『いえ、いえ、おかよさん

あなたの方がずっと高価なお人形さんですよ』


kimu4

ふっふっふっふっふっ.....

口ではああ言っているけれど

一番素敵なのはこの私のお人形さん

わたしの人形はよい人形


kimu5



きむらさちよさん作 人形遊びのマトリョーシカ


文化人形のはなちゃん

「ねぇ、ねぇ、見て、見て!

ねぇったら!」

P1000335
 
「あら、はなちゃん、

そんなところにねっころがっちゃって.....何してるの?」


「ほら、可愛いでしょう!?


「えっ?何が


「んもぅ ほら、お顔を近づいてよく見てみてよ



P1000336


「ほら!


P1000326


「ほら、ほら!


P1000341


「あ! かわいいの、みぃつけた〜!」


P1000339



わぁ〜!!なんて可愛いバラのブローチなんでしょう

あれ?よく見るとファスナーで出来てます。

P1000338_2




このブローチはお友達でキルト作家さんの

monamieさんの作品 

ファスナーでバラのブローチが出来てるなんて驚きです。

しかも、とっても可愛いの!

ファスナーの金属の部分も

花びらのトリミングに上手く使われていて

とっても豪華に見えます。

色も私の大好きなピンク!!

色といい、サイズといい

はなちゃんのボンネットにもぴったりです。


P1000323

この文化人形はハナブンさんの文化ちゃん。

身長45センチの

我が家ではちょっと大きめの子。

ボディには木毛を使った本格的な作りです。



はなちゃん、素敵なブローチをつけて

今度一緒にお出かけしようね


お人形のハナブン
(ハナブンさんのサイト)

アンシャンテ
(monamieさんの主催するパッチワークキルトグループのブログ)


我が家にいるもうひとりの

ハナブンさんの文化ちゃんのページはこちら

Happy Matryoshka Bath Fizz

最近いろいろな入浴剤が発売されているけれど

こんな入浴剤を発見しました。

大好きなマトリョーシカのパッケージの入浴剤

自称マトちゃんファンクラブの会長としては

買わないわけには行きません。


P1000314_2

このパッケージを開けて中身を取り出してお湯の中に入れると

炭酸のシュワーっという泡とともに

お花の良い香りが漂い、中からマトリョーシカが出てきます。

マトリョーシカの種類は6個+シークレット

さぁ、私のはどんなマトちゃんが出てくるのかな。

ドキドキしながら、泡の中から出てきたマトちゃんはこれ

P1000320

ちっちゃな黄色いマトリョーシカ

大好きなお風呂の中でマトちゃんとしばし戯れる.....

癒しのひとときです。

黄色のマトちゃんは、金運を運んで来てくれるそうです

黄色いマトちゃん、しっかりよろしくね
 

市松人形

東京の下町、浅草にほど近い本所というところに

人形師藤村明光さんの仕事場があります。

この地は私が小学生の頃まで住んでいた思い出の場所でもあります。


今回お友達の計らいで、その仕事場を見学させていただくことになり

期待と緊張の高まる中、仕事場の敷居をまたがせていただきました。

仕事場には各行程ごとに集められた作りかけのお人形たちが巻き藁の中で

次の行程を待っていました。

P1000185




P1000186

原型から取り出され、ヤスリできれいにバリをとってもらっている子....

これから目入れをしてもらう子....

上塗りを待っている子......

昔ながらの材料を使った作業工程は実に74工程にものぼるそうです。


木型から出された頭。

桐のおがくずや、貝殻の胡粉をまぜたもので出来ています。

どの子もみんなここからスタートします。

P1000235

そして74の行程を経るうちに、お人形の個性が生まれ

世界にたったひとつしかないお人形が誕生します。





P1000175_2


お顔の仕上がった市松さん。

凛とした表情の中に優しさが溢れ、

気持ちがほっこりと温かくなりました。



P1000180



藤村明光さん。

父である初代藤村紫雲さんに16歳の時に弟子入りし

伝統的な技法を継承しつつ、

新しい創作人形の制作でも活躍されている人形師さんです。


P1000251



まだ制作途中の男の子ですが

その表情を見ていると、

ついこちらまで微笑み返しをしたくなってしまうような

生き生きとした笑顔の可愛い子。

どんな嬉しいことがあったのでしょうか?


明光さんのHPで見せていただいた子を

こんな間近で見る事ができてなんだか感動です。


P1000245

作業場とは別のお部屋には

今まで作られたお人形がキャビネットの中に

お行儀よく飾られています。

明光さんのブログでもお馴染みの面々に

興奮しながらシャッターをきりました。

ここだけは静かにゆっくりと時が流れています。

P1000214



P1000219




こちらは明光親方のお弟子さんで昨年9月に印号をいただいた

山崎明咲さんの作品のお人形。

まるで今にも笑い声が聞こえてくるような

生き生きとした表情の女の子です。


P1000206




P1000211






この子はお友達のお人形。

お友達のお顔にとってもよく似ています。


P1000190





お友達の市松さん達とご一緒させていただいて

ご満悦のおさよちゃんです。


お友達のくたちゃんのあまりの小ささにびっくりしました。

こんな小さいお顔での目きり。

どんなに神経を使う事でしょう。


P1000232


西洋かぶれの私は

今までほとんど日本人形に触れた経験がありませんでした。

でもこうして実物を間近で見せていただいたり抱っこさせていただいて

その美しさと、伝統を守り後世に伝えることの素晴らしさに

ただただ感動した一日でした。

何の知識もない私に暖かく接してくださった

明光親方、明咲さん、

いろいろ教えてくださったお友達。

貴重な体験をさせていただいて

どうもありがとうございました。




P1000212_2


藤村明光 『旬』 ブログ

市松人形師〜只今修行中 (山崎明咲さん ブログ)

Huckleberry Finn

Madame Alexanderのお人形Huckleberry Finn。

P1000155

言わずと知れずマーク・トウェインの物語に出てくる

あのハックです。

何不自由なく暮らせる環境はハックにとっては窮屈すぎて

苦痛を感じた彼は自由な場所を求めて冒険の旅に出る......

このお人形は1989年生まれ。

息子と同じ年に生まれました。

P1000173_2



小さい頃から縛られるのが大嫌いだった息子。

靴なんて窮屈なものを履きたがらない野生児でした。

右と言ったら左を向き、左と行ったら右を向く。

人の目を気にする事なく

いつでも自分の思うままに生きてきました。

後先考えずに本能のおもむくまま、あっち行ってころんで、

こっち行ってころんで

たくさん傷を負いながら生きてきました。

ハックルベリーの生き方とどことなくかぶります。



P1000158


2010年1月11日。

成人式を迎えました。
*Profile*

rikarinn

物心ついた時からお人形と暮らしていた管理人のrikarinnが
大好きなお人形やアンティーク雑貨の事などを綴っています。
2001年に立ち上げた本館サイト「Myprecious dolls」は
現在リニューアル準備中なので
当面の間、更新はこちらのブログにて行っています。

※当ブログ内の写真や文章の無断転載・転用
及び二次使用はご遠慮願います。

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ