ブンツラウアー陶器

ドイツのマインツの朝市の屋台で始めて出会ったブンツラウアー陶器。

ドイツからポーランドにかけて、古くから伝統的な手法で作られている

手作りの陶器です。

コバルトブルーの釉薬に白いドット模様の伝統的な絵付けがされている

この素朴で温かさの感じられる陶器にひと目で心惹かれました。

P1000062_4


マインツはライン川の船下りを楽しむために最初に立ち寄った場所。

これからでリューデスハイムまで行き、

夕方にはフランクフルトへ戻らなければなりません。

一瞬、この壊れやすくてかさばる食器を持ったままの移動は 

かなり大変だと頭をよぎったのですが

この可愛らしい陶器の魅力には勝てませんでした。

ディナープレートやミルクピッチャー、コーヒーカップやシュガーポットなど

たくさんの種類の陶器があったのですが

これからの道中を考えて、ポットとマグカップ、

そして下部にろうそくをセットし、ポットのお湯を保温することのできる

ポットホルダーを買い込み

背中のリュックサックにギュウギュウに押し込んで

乗船時間に余裕を持って朝市を後にしました。



朝市の開かれているマインツ大聖堂前のマルクト広場からライン川の乗船場所へは

地図の上ではほんの数百メートルなので

余裕で間に合うと高をくくっていましたが

朝市で珍しいものを見て回っているうちに、すっかり方向がわからなくなって

しまいました。

行けども行けども船着き場はおろか、ライン川すら見えません。

おかしいと思って道を尋ねると、

船着き場とは全く逆の方向に歩いていたのでした。

あわてて今来た道を走って戻り、ようやく川にたどり着いたものの

船着き場ははるか遠く。

すでに船が艀に接岸し、最後の乗船客が船に乗り込もうとしているところでした。

この船を逃すと、次の船は夕方の便だけ。

何としても乗り込まなくては.....



全速力で走ったものの、

走っても、走っても背中の陶器が重くて、

まるで夢の中、雲の上を歩いている感じ。

一向に前に進んで行けてない気がしました。

時計を見ると、すでに出航時間を過ぎてます。

船着き場まではあと500メートルはありそうです。

足はガクガクになるし、お腹は痛くなるし、もうこれ以上走るのは無理。

あきらめて歩きだしたら、遠くの方で船員さんが手招きをするのが見えました。

私たちを待っててくれているのです。

最後の力を振り絞って、

走って、走って、また走って、息も絶え絶えにようやく艀にたどり着いて

倒れ込むように乗船した途端、船が走りだしました。

すでに出航時間は10分も過ぎていました。

それでも待っていてくれたのです。

ドイツの人の温かさが身にしみました。



あの時持ち帰ったブンツラウアーのマグカップを眺めると

当時の思い出がよみがえります。

次にドイツに行く時はお皿やシュガーポットも買って帰ろうと思っていながら

月日は過ぎ、

子供も大きくなって、なかなかドイツに行く機会ができませんでした。


最近、あるネットショップでこの陶器を扱っているところを見つけました。

ドイツのフライブルクに住んでいらっしゃる方のお店で

さまざまな模様のブンツラウアー陶器や、ヨーロッパのアンティークや

雑貨を取り扱って扱っています。

早速、念願のブンツラウアー陶器を取り寄せていただきました。


ドイツ陶器とヨーロッパの雑貨のお店


 P1000085_2



大好きなBachを聴きながら

午後のティータイムを楽しむ、ささやかな幸せの時です。


P1000086_2


Riding habit

キャビネットをのぞくと、乗馬服のEliseちゃんと目が合いました。

年末の大掃除でキャビネットの中を綺麗に整頓した際に

お人形の立ち位置を変えてみたら

いつもと違う表情を見せてくれました。


1963年生まれのこの子はビンテージのマダムアレクサンダーのお人形で

Marybel FaceをしたEliseちゃん。

Riding Habit と呼ばれている乗馬服を着ています。


7d2dbeef.jpg



e407f096.jpg



c8e4d78d.jpg



今までいろいろなお人形の写真を撮ってきたけれど

やはり一番好きなのは、

MAのビンテージの写真を撮っている時だと再確認しました。




私の住んでいる場所は江戸時代から馬の育成が行われてきたそうです。

近くには乗馬のトレーニングファームがあり

競走馬の育成や調教などの訓練が行われています。

颯爽と馬に乗り、風を切って疾走できたら

どんなに気持ちがいいでしょうね。




年の初めに

先月、買ったばかりの一眼カメラを試したくて

地元のとあるお寺に行きました。

2年前に買ったオリンパスの一眼カメラは、奥深い良い写真が撮れるのだけれど

色合いが落ち着きすぎて

私の好きな躍動感のある色合いがどうも出せませんでした。

あちこちカメラ屋さんを回って手に取って

一番しっくりときたものがこのパナソニックのGF1でした。


2009-09-02_1432



パナソニックなら、普段ちょっとしたものを撮影する時に使っている

お気に入りのデジカメと同じメーカーだし

きっと色合いも私好みだろうということで、これにすることにしました。




このお寺は開山1210年を数える由緒あるお寺で

境内の前にある三重の塔は国の重要文化財となっています。

決してきらびやかな塔ではありませんが

長年の歴史をずしりと感じられる重厚な塔です。



e46f4404.jpg



ここは、3年前に、ドイツの人形作家Annette Himstedtさんが主催した

フォトコンテストに応募するために

撮影場所をこの地と決めて、何度も通いつめた思い出の場所です。


Annette Himstedtさんは毎年フォトコンテストを開催してきましたが

この年のお題は

世界各地の歴史的建造物の前で写真を撮るというものでした。



日本が誇れる歴史的建造物を思い浮かべた時

まず最初に思ったのは京都や奈良のきらびやかな五重塔でした。

一時は京都旅行も計画したものの

外での撮影はお天気によってずいぶんと左右されます。

旅行中に良いお天気に恵まれれば良いのですが

残念なお天気であればばそれまでです。

そこで何度も足を運べる場所はないかといろいろ探して

この三重塔に決めました。


この年は何度も台風が通過し

私の仕事のオフの日はいつも荒天でした。

締め切り日を気にしながら

何度となく撮影を強行しましたが

やはり良い写真は撮れませんでした。

締め切り日の前々日も台風が通過し

翌日の台風一過の晴天を期待していたものの

空は思うように晴れてはくれませんでした。


残すはあと1日。

当日の天気もまずまずだったので

仕事を休んで撮影をすることにしました。

住職さんに許可を得て、撮った写真がこれです。

日本の伝統を表現したくてAnnetteちゃんのTamlynに浴衣を着せました。



10be4d94.jpg



44bbcc02.jpg



このフォトコンテストは世界各地からたくさんのAnnetteファンが応募します。

ピラミッドやピサの斜塔、ケルンの大聖堂など

世界各地にはもっと素晴らしい景色があるので

入賞するのはまず無理だろうと思っていたのですが

ラッキーなことに5位に入賞することが出来ました。

ちなみに1位の方はベニスのゴンドラの乗っているAnnetteちゃんでした。



今までこの写真は

人形の野外撮影うんぬんという方達とのトラブルを避けるために

公には公開してきませんでした。

でも、私は人を驚かすために撮影したわけでもなく

芸術的な写真を撮りたいがために撮影してきたもので

撮影時には参拝客はおらず

どなたにもご迷惑をおかけしていないと思いますので

公開することにしました。



思えばこれまで、私はあちこちに人に気を使いすぎるくらい

気を使って来ました。

気を使えば良い結果がでるかと思えば

決してそうはならないということを昨年思い知らされました。

昨年はとても嫌な思いをしたので

今年からは、そういうものに振り回されず

自分の思ったように生きたいと思っています。


そして今年はもっと写真の事を勉強して

お人形の撮影にとどまらず、

いろいろな被写体を撮り

趣味は?と聞かれると

『写真』と答えられるくらいになりたいと思っています。



本年もどうぞよろしくお願いします。

435ebd8b.jpg



df81b4dc.jpg



3bd9d6b2.jpg



*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ