リカちゃんとお出かけ その1(濃溝の滝)


昨年の夏頃から、リカちゃんを連れてのドライブに凝っている私。

今年始めてのドライブは、

千葉県君津市にある清水渓流公園にある濃溝の滝です。

洞窟の中に差し込む太陽の光が

岩肌と川面を鏡のように幻想的に照らし出し

まるで絵画のようだとネットやテレビなどで紹介されるや否や

人気スポットとしてたくさんの観光客が訪れるようになりました。


千葉県民としては是非一度は訪れてみたいと常々思っていましたが

夏場はきっと混雑するだろうと思い 

あえてこの寒い時期を選ぶことにしました。
nomizo1


30台ほどしか停められない駐車場を抜けて

木々で囲まれた遊歩道を進みます。

nomizo3

『駐車場から徒歩451歩なんですって

よし、行ってみよう!』





遊歩道のなだらかな斜面を5〜6分ほど進むと

どこからか水のせせらぎの音が聞こえてきます。

nomizo2


遊歩道の下の方に小さな滝が見えました。

朝のピンと張りつめた空気が心地良いです。

nomizo6


流れる川の水はとっても冷たそう!

nomizo002



こちらは『真愛の滝』

川の窪地がハート型になっていて

そこに滝からの水が流れて行きます。

名前も形状もとってもロマンチック

nomizo7

川のせせらぎを聞きながらどんどん先に進んでいきます。

nomizo001

『ネットで見たあの素敵なスポットはどこ?』




どんどん落ち葉を踏みしめて歩いて行くと

『幸運の鐘』と呼ばれるスポットに到着。

この鐘は、平成23年に市内在住の秋元秀雄ご夫婦によって寄贈された吊り鐘で

君津市長によって『幸運の鐘』と名付けられ建立されました。


nomizo8

私も幸運にあやかりたいと願いつつ、鐘を鳴らしました。

この吊り鐘の下を臨むと、待ちに待った亀岩の洞窟が現れます。

この洞窟は今から350年ほど前の江戸時代に地元住民が

曲がりくねった川をトンネルで結び、川回しの田んぼを作るために

人工的に掘られたもので、川上と川下の高低差が滝となり、

いつからか削り撮られた岩肌に亀に似た岩が現れたことから

亀岩の洞窟と呼ばれています。

この場所こそが『濃溝の滝』として話題となっているスポットです。


※実際、この話題になっている場所は『濃溝の滝』ではなく『亀岩の洞窟』です。

『濃溝の滝』はこの洞窟の近くにある別の滝の名前ですが

今ではこれら全体が『濃溝の滝』として呼ばれるようになりました。


nomizo9


『わぁ〜あれが濃溝の滝ね!』


nomizo11




はやる気持ちを押さえながら、幸運の鐘から続く階段を下って行くと、

そこには太陽の日差しが差し込み、

絵画のように美しい光景が広かっていました。

nomizo14

『洞窟はこの右側にあるのよ』



水面からのぞいている岩の上を滑らないように

足下に力を入れて渡って行き

洞窟の正面へと回ります。

nomizo13

『早く、早く、こっち、こっち!』




朝日が差し込む洞窟は紫がかっていて

まるで時が止まったかのように静寂でした。

太陽の高さによって差し込む光の角度も刻々と変っていき

様々な表情を見せてくれます。


nomizo10


真冬の澄んだ空気とマイナスイオンの心地良さに思わず深呼吸。

10分おきにツアーの団体客が観光バスでやってきますが 

ほとんどの人はあまりの寒さに川の中に入ることなく

階段の上から写真を撮り、足早に立ち去って行く中、

私達は浅い川の中に入り、しばしこの美しさに酔いしれていました。

nomizo12


真冬の冷たい川の水と、吹きっさらしの風にさらされること30分。

次第にかじかんでいく手の指ではカメラのピント調節も

上手くできなくなるほどになりました。

nomizo16


『今度はもうちょっと暖かくなったら来よっと!』

nomizo15


collageBB

濃溝の滝を後にし、
帰り道は房総半島の海岸沿いを南西走りました。

車窓から見える冬の海。

空のブルーと海のブルーが

日の光を浴びてキラキラしていてとっても綺麗!

collageumi2


あまりにも綺麗だったので

車を停めて冬の海の砂浜へ。

誰もいない海をひとりじめ.......

なんて贅沢なひとときなんでしょう。

boso5


『波とかけっこ 気持ちいい〜〜』
boso1


日が傾き始めたので、後ろ髪を引かれつつ帰路に就きました。


『またいつか来てみたいなぁ.....』

boso4


今回のお供は ITS'DEMOリカちゃんでした。

















新年明けましておめでとうございます



新年明けましておめでとうございます。

昨年は、お人形で
NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』を表現したところ、

お人形関係の方だけではなく、いろいろな方と交流を持つことができて

とても楽しい1年でした。


HPを立ち上げてから早16年。

その頃からおつきあいさせていただいているお人形友達は

今ではほんの数人しかいなくなってしまいました。

年を重ねることで変っていく家庭や仕事環境で

私も本気でお人形遊びが出来るのは

年に1度か2度になってしまいましたが

今年もお人形で表現したくなるような

たくさんの素敵な出来事や出会いがあることを願っております。

いつもながらのマイペースな更新ですが

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


618112247


今年最初に登場するのは、

TOTOCOで出会ったジェニーちゃん。

リカちゃんとはまた違った

大人の女性の雰囲気を醸し出しています。

2017-1


昨年はお人形を連れて、あちこち旅をして

たくさんの思い出を作ってきました。

行くたびに写真
撮り貯めていたものの 

忙しさにかまけて なかなかブログ更新には至らず仕舞でしたので

少しずつでもご紹介できたらと思っております。

2007-3

                                   
 鎌倉の鶴岡八幡宮にて













アニメータードールを連れて


普段の生活に戻ったのも束の間、

今月に入って、急遽コンサートに参加することになったために

なかなか自分の時間が取れず、

空いている時間にブログ用の写真の整理や記事を書いていたので

タイムリーな投稿時期を逃してしまいました。

今さらハロウィンというのもなんですが......



illust3514_thumb

 

先月、アニメーターコレクションドールのアナとシェリーメイを連れて

ハロウィン一色に染まった東京ディズニー・シーに行ってきました。

TDS0


ピンクのダッフルコートを着せていたシェリーメイに

園内のショップで購入したハロウィン限定のコスチュームを着せ替えました。

この時期になると、園内を歩くゲストのハロウィンのコスプレも

楽しみのひとつですが

ディズニー・シーはランドよりもコスプレをしている人が圧倒的に少ない......

全身シェリーメイやダッフィをしている女子の集団はあちこちにいましたが

ランドのように、本物のキャストさん?と思えるような

力の入った手作りのコスプレをされている人がいなくてちょっとガッカリ....。



ハロウィンなのに普段のディズニー・シーとさほど変らない園内で、

コスプレをさせたアニメータードールを連れて歩くのも

ちょっとためらってしまった私ですが

せっかくの素敵なロケーションの中、

しっかり写真だけは撮ってきました。



アナの着ているドナルドダックのコスチュームは

以前からアニメータードールのお洋服を作っていただいている方と

デザインを相談しながら、特注で作っていただいたものです。


ドナルドのトレードマークの青いセーラーカラーのトップスに

頭の上にちょこんと乗っかった小さなセーラー帽。

ふわっとふくらんだ白いバルーンスカートは

ドナルドの可愛いお尻フリフリをイメージに作ってもらいました。

革製の黄色いブーツも本格的です。

アナちゃん、とってもよく似合ってる〜〜〜


TDS1





港の手すりのところにダッフィー用の腰掛けを発見。

ダッフィーをここに座らせて

港をバックに写真を撮ることのできるスポットのようです。

アナもなんとか座れてみましたが

風が強い日だったために

バランスを崩して海の中に落っこちないかとヒヤヒヤ....。

震える手でシャッター切りました。

TDS6


迫力のある滝をバックに.....。

ここではどんな背景も絵になります。

水しぶきが気持ちいい〜〜!


TDS8






TDS2



TDS4

誰もいない船着き場の小屋で

さりげなくシェリーメイの記念撮影。

TDS11


TDS13

  

ハロウィンの風景に魔法使いにコスプレしたシェリーメイが溶け込んでいます。



TDS12



こちらは、ディズニー・シーのメインである

メディテレーニアンハーバー。

気がつけば、辺り一面、人、人、人.......。 

こんなたくさんの人、どこにいたんだろう...って思えるくらいの

黒山の人だかりになっています。

ハロウィンの主役とも言えるヴィランズが、

ハロウィンのコスチュームに身を包んだミッキー達と共に、

メディテレーニアンハーバーの海上で華やかなショーを繰り広げる

「ザ・ヴィランズワールド」

毒々しいまでの妖しげな5隻の船には

ピーターパンのキャプテンクックや眠れる森の美女のマイフィセント、

白雪姫のウィックド・クィーンなどの

悪役で名高いキャラクター(ヴィランズ)が勢揃い。

音楽に合せて楽しいパフォーマンスで会場を湧かしました。

これを目当てに、朝早くから見晴らしの良い鑑賞エリアに陣取って

何時間も前から待機している人が続出するほどの大人気のショータイムです。

私はそこまでの根性がないために

人気のない場所(後ろ側)で見ていましたが

すぐ脇から船が出入りするために、

ヴィランズが乗っている船を至近距離から見る事ができてラッキーでした。


collageTDS


ディズニー・シーで一番のお気に入りは

ヴェネチアン・ゴンドラ。

美しいイタリアの街並みと

五つの橋の下をくぐりながら

ゴンドラからしか見ることのできないロケーションに

日本にいることを忘れてしまいそうな優雅な船旅を体験することができます。

ボンジョールノ(こんにちは)や

チャオ(やぁ!)アリヴェデルチ(さようなら)などの簡単なイタリア語を教えてくれる

陽気な船頭さん(ゴンドリエ)さんのおしゃべりも

とても楽しい〜〜

最後五つ目の橋は『願い事がかなう』とされていて

ゴンドリエさんが歌う『サンタ・ルチア』に合せて

乗客たちは心に秘めた願い事を祈ります。

でも少々、調子っぱずれの歌声に、叶えたい願い事が集中できないまま

橋をくぐり終えてしまいました。



collage2


collage4TDS



なんと電話中にプロメテウス火山の噴火に遭遇。

電話口の相手の声も聞こえないほどの轟音に急いで電話を切り

カバンの中に詰め込んでいたおみやげをあわててかきわけて

 なんとかカメラを取り出して写真に収めました。

間に合ってよかった〜


tds10



あたりはすっかり日も暮れたディズニー・シー。

暗闇に浮かぶトイストーリーマニアのネオンがとても綺麗。

大きく口を広げたウッディの中に

人々が吸い込まれていきます。

夜のディズニー・シーもとても素敵だけれど

着々と帰宅時間が近づくにつれて、少し淋しい気持ちになっていきます。


collagetds0



アナちゃん、来年はクリスマスの時期に行ってみたいね

TDS9













 

くすだま折りのフランス人形展 


毎年秋に催される演奏会に集中するために

しばらくブログはお休みさせていただいていましたが

10月上旬になんとか無事にそのイベントも終り 

少しずつ普段の生活に戻りつつあります。

....ですが、しばらくぶりにブログのマイページを触ったのですが

いつの間にか仕様が変っていて

なんだかやりにくい.....(><)



そんな中、成田山表参道にある米屋総本店2階 生涯学習市民ギャラリーにおいて

『くすだま折りのフランス人形展』に行ってきました。

くすだま折りのフランス人形とは

以前も私のブログで紹介させていただきましたが(その時の記事はこちら

菅原才子さんが考案した

折り紙の『くすだま』を構成する円錐形の大小のパーツを組み合わせて作るペーパードールです。

会場に足を一歩踏み入れると 

菅原先生や生徒さん達が制作した色とりどりのお人形300点ほどが

出迎えてくれました。

ひとつひとつのパーツは皆同じ折り方なのに

紙の素材や色、大小パーツの組み合わせ、そしてレースなどの装飾によって

多種多様なスタイルのお人形を作ることができ

同じものはふたつとない個性豊かなお人形たちを見ると心が躍ります。



ところが、先生に写真撮影とブログ掲載の許可をいただきましたので

展示されている作品を撮らせていただこうとしたのですが

当日、いきなりカメラのレンズカバーが十分に開かないといアクシデントがあり、

だましだましの撮影で思い通りのよい写真は撮れませんでした。



慌てて会場の帰り道にデータを入れたまま

カメラを修理に出してしまい

故障が直ってから写真を取り出したので

タイムリーなレポートができなくて残念ですが......




まずは菅原才子先生、山田綾子先生の作品よりご紹介いたします。

先生方の作品は機会があるたびに拝見させていただいておりますが

今回はペーパーではなく和布をカットし折り紙替わりにした作品もあったり...と

毎回工夫を凝らし、デザインもどんどん進化していっています。

手先の器用さもさることながら

毎回湧き出るようなアイデアとそのセンスには思わず脱帽です。

以下は展示された先生方のたくさんの作品のうちのほんの一部です。



こちらが和柄の布を使った作品です。

001-1


002-01


003-01


07


08


005-01


006-01


007-01


008-01


010-01


011-01


012-01


013-01


01


016-01


017-01



続いて、川口教室、佐倉教室、公津の杜もりんぴあ教室の

生徒さんが展示された作品の一部です。

(容量の関係で全ての作品をご紹介できなくてごめんなさい)



KAWAGUCHI0



KAWAGUCHI01



sakura02



sakura0



こちらはハンドベルの演奏をしているペーパードール。

指揮者、演奏者、総勢16名を

ベテランの生徒さんお一人で作られた大作です。

よく見ると、ドレスの飾りやお人形の髪型など

一人、一人その表情が違っていて

そのクォリティーの高さに驚かされます。

 
nishimura00



たくさんの可愛い作品を撮らせていただいたのですが

あまりにも枚数が多くなってしまったため

見やすいように写真をコラージュしたのですが

なにしろすごい枚数だったために

いろいろ組み合わせているうちに訳がわからなくなってしまいました。

一部、同じ写真が掲載されているかも知れません。


kozu01


Ko0


kozu00


kozu004


kozu005



kozu002


collage007



こちら↓ は母の作品です。

私がいたずらで

元々目や口がプリントされていたヘッドのウッドボールを紙やすりで削って

ペイントを落としてからアクリル絵の具で

文化人形風のペイントに描き変えたところ

可愛いと母が気に入ってくれたようなので(?)

今回の出展は母娘共作の特別バージョンの

ちょっとぴり乙女ちっくなペーパードール仕様になっています。

(どう見ても、普通の方が可愛いような気が......汗)


babaco



以前ブログにも書きましたが

母が大病を乗り越えて

折り紙の好きな母が菅原先生のお教室に通うようになって

早4年になりました。

バスや電車に乗り継いでの遠方からの参加で

お天気や体調によって、お教室をお休みすることもたびたびありますが

毎回大きな荷物を持ってせっせと通って行く母の姿を見るたび

歳をとっても心ときめく事に出会い

自分で作品を生み出す喜びを知り

とても素敵に歳を重ねていっているように思います。


そして私は実家に帰るたびに、

玄関や、ピアノの上や、テレビの横に増えて行く

母の作ったペーパードールを見て

母が健康になってくれたことの喜びを感じ

可愛いお人形に癒されています。



菅原才子先生監修、サークル・マイドール主催の

くすだま折りのフランス人形の体験教室が

10月19日(水)から11月9日(水)までの4週にわたって開催されます。

場所は公津の杜コミュニティーセンタ−もりんぴあこうづ(千葉県成田市)

3F 工芸スタジオにて

直接菅原先生から指導を受けられるそうで

先生が2008年ブティック社から出版された

『くすだま折りのフランス人形』の中に掲載されている

クリスティーヌというお人形1体を全4回で完成させる予定だそうです。


DownloadedFile



参加費は全4回分の材料費込みで1000円。

お問い合わせ 0476-29-1234(西村さん)

ご興味のある方はいかがですか?



また、10月20日(木)より、10月25日(火)まで

ボンベルタ成田1F催事場において

成田市社会福祉協議会後援の

地元の作家さん達、総勢30名による手仕事のサークル

フルーツバスケット』の展示販売会が開催されます。

期間中の10月23日(日)の午後から

菅原才子先生の1日講習会も開催されます。

こちらの参加費は1000円。

お問い合わせは 080-1112-1622(菅原さん)まで






 

ルノワール展とエリーゼのルノワール・ポートレートドール


現在オルセー美術館・オランジュリー美術館が所有のルノワール展が

東京 国立新美術館にて開催されています。

(会期2016年4月27日〜8月22日)

 ルノワールは私の大好きな画家の一人です。

ピアノを弾く少女をモチーフとして描かれた作品のうち

オルセー/オランジュリーの2つの美術館に所蔵されている作品が

45年ぶりに揃って来日するということと
 
憧れの「ピアノを弾く少女たち」や

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が日本で初めて公開されるということで

とても楽しみにしていました。


R-1


会場になった国立新美術館は黒川紀章さんが建築した日本で5館目の国立美術館で

2007年1月に開館されました。

森の中の美術館というコンセプトどおり、

敷地内は多数の植物が植えられ、カーテンのように波打つガラス張りの建物の館内には

柔らかい外からの自然の光が木漏れ日のように感じられます。


r-02


この美術館に来たのは初めてでしたが

六本木という大都会の真ん中にありながら

ここだけがゆっくりと時が流れているような気がして

喧騒の都会にいることさえ忘れてしまいそうです。


r-4



「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」1876年油彩/カンヴァス(オルセー美術館)

e5



モンマルトンのダンスホールで楽しそうに踊ったり談笑する人々。

柔らかい木漏れ日のあいだから

賑やかに流れる音楽や笑い声が今にも聴こえてきそう。

縦131.5cm 横176.5cmの巨大なキャンヴァスに圧倒されました。

古き良き時代の華やかなパリの日常生活。

絵の前に立つと、あたかも自分がその場面の中にいるようです。




 「ピアノを弾く少女たち」1892年 油彩/カンヴァス (オルセー美術館)
 
R-8


子供の頃、ピアノ教室に飾られていたこの絵にずっと憧れを抱いてました。

ピアノを奏でるふんわりと豊かなブロンドの長い髪の少女と

ピアノに肘をかけ楽譜を覗き込む少女。

ピアノを弾いている少女のそのしなやかな白い手首の動きと

少女のシルクのような白いドレスのドレープが相まって

何とも言えない優雅さを感じていました。

片手で弾いているということは初見なのでしょうか。

色鮮やかなカーテンの向こうには

白いソファとクッション。

ピアノの上には青い花瓶に花が生けられ

壁には絵がかけられています。


片やエンジ色のトップカバーのかけられた黒いピアノの上には、

ガラスケースに入れられた白いスピッツのぬいぐるみ。

茶系の幾何学的な模様のカーテン越しに見えるのは

材木をかつぐ人夫さんたち

家の脇の川を材木を引いたポンポン舟が通るような東京下町の

自分の地味な部屋とは何もかも違う色彩豊かな海外のお部屋に

憧れを抱いていた1枚です。



ピアノの前のイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル」1897〜1898年 油彩/カンヴァス

 (オランジュリー美術館)

r-10


ルノワールはピアノと少女をモチーフとした絵画を6点ほど描いていますが

白いドレスと赤いドレスの鮮やかな色彩のコントラストが印象的なこの絵画は

ルノワールの友人の画家(アンリ・ルロル)の娘達をモデルにしています。

ピアノを弾いているのは姉のイヴォンヌ。

ドビュッシーが組曲「忘れられた映像」(1894年)を捧げた女性だと言われています。


flower_line



さてルノワールと言えば、我が家にもルノワールをテーマとしたお人形がいます。

 今日は1963年に発売された

マダムアレクサンダー/Elise のRenoir portraitをご紹介します。



Madame alexander /Elise Renoir portrait

renoir-elise11


1962年から1963年にかけて、ごく少数ですが

マリベルフェイスを使ったエリーゼが作られ

通常のエリーゼと同じドレスを着せて販売されました。

この子も、エリーゼ のRenoir porttait dollとして1963年に販売されたもので

 顔はマリベルフェイス、ボディはメリハリのある女性らしいエリーゼボディになっています。


renoir-elise14


通常のエリーゼは足首が細くて

ウエストのくびれもある女性らしいメリハリのある体格になっていて

大人向けのコレクションドールとして扱われます。

それゆえ、たくさんの種類豊富なドレスがあります。

それに比べてマリベルちゃんは

子供が抱っこして遊ぶ抱き人形タイプです。
 
基本姿がロンパースを着た幼児体系の子なので

子供らしいお洋服を着せるしかありません。

ところがマリベルフェイスでエリーゼボディの子になると

大人っぽいオシャレなエリーゼのドレスを着ることができるので

マリベルフェイス大好きな私にとっては願ったり叶ったりです。

renoir-elise009


ルノワールの絵画に描かれているような可愛らしいピンクのドレスを着たマリベルちゃん。

どの絵画の人物をモデルにしているのかまだ探し出せませんが

甘えたような表情のマリベルちゃんは

ルノワールが描いている甘美で夢見る少女そのものです。

renoir-elise007


カメオのネックレスにダイヤのイヤリングや指輪.....

衣裳だけでなく、アクセサリーにもこだわりを見せています。

renoir-elise006


お花をたくさんあしらった麦わらボンネットもとっても可愛い〜〜

renoir-elise12


このマリベルフェイスを使った子は他のページでもご紹介していますので

良かったらご覧くださいね。



マリベルフェイスのお人形



ドレスと同じ生地で作られたポシェットには

黒いレースのアクセントがつけられていてとてもオシャレ。

時を重ねるごとにドレスのアンティーク感も深まっていく気がします。

renoir-elise002



renoir-elise008


バックスタイルの流れるようなドレスのラインが優雅さを醸し出しています。
 
renoir-elise005


アップのヘアースタイルも素敵。

ブルネットの髪色はピンクのドレスを引き立てます。

renoir-elise0



夢見るマリベルちゃんの素敵な笑顔に

今日も癒されています。

renoir-elise15




*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ