こけし日和


KOKE



2016年 去年度と同様とし始めのコケジョ活動として

地元で開かれているこけし展に行ってきました。

このこけし展の第1回目は2014年の年末から2015年の年頭にかけて

成田ビューホテルにて開催され

とても楽しかったので

第2回目の開催を見逃さないように

HPのお知らせを検索していたのですがなかなかヒットせず

成田でのこけし展はあの1度きりだったのかと諦めていた矢先

たまたま年末、買い物に来た場所でこのポスターを発見し

小躍りして帰って来ました。

第2回目は年を明けての2016年1月8日から11日まで。

今年はこけしの世界では名の知れた

鳴子系の大沼秀顯工人(おおぬまひであき)と

蔵王高湯系の梅木直美工人の実演が間近で見られるとあって

お二人の実演時間に合せて伺いました。

こけしには産地によっていろいろな系統があり、

それぞれ大きな特徴の違いがあります。

2015年1月9日の
こけしスマイル!
の記事にて説明してありますので

ご興味のある方はそちらをご覧くださいね。



今回の会場も前回と同じく成田ビューホテルで。

ホテルのエントランスでは大きなこけしの灯籠がお出迎えしてくれました。


kokeshi1


 灯りを灯すと、こんなに綺麗。

心温まるおもてなしです。

 
kokeshi3



会場の入り口にも大きなこけし灯籠がお出迎え。

はやる気持ちを押さえて

ドキドキしながら会場へ.........


ずらりと並んだこけしたちの面々

その可愛らしい表情には

思わず心がほころびます。


世はこけしブームとは聞いていましたが

ゆっくり見て回れた前回と違って

会場内は私のようなコケジョさん達で賑わっていました。

照明の加減でピントが合いにくい場所があったり

人が写りこんでしまったりで

なかなかいい写真が撮れなかったのですが

その一部をご紹介しますね。




ko-1


ko-2



ko-3



ko-7




ko-4


ko-5



ko-6



ko-8


ko-9


まずは全体をさっとひと回りして

連れて帰りたいこけしちゃんの目星をつけてから

大沼秀顯工人の実演ブースへ......

ko-11



大沼秀顯工人は

父である沼秀雄工人の元で修行を積み

胴に重ね菊、車菊、楓、牡丹、石竹などの伝統的な文様を描く

鳴子系こけしを制作しています。


ko-12



トントントンとリズミカルに白木の生地をたたき

ロクロの軸に取り付け

 回転させながら、カンナがけをすると

あれよあれよという間にこけしの形に仕上がって行きます。

首と胴体をつなげる穴にぴったりとはめ込んだり

 ロクロを回しながら、いろいろな筆の太さを使い分けて

線引きをする技はさすがの職人芸。

 
ko-13



時間も忘れ、しばし大沼秀顯工人の実演に

見とれていたところ

はっと気がつくと、隣に立って見ていたコケジョの手の中に

私がさっき連れて帰ろうと思っていたこけしが......


え〜って思って辺りを見回すと、

みなさん、お気に入りのこけしを手にしながら

実演を見ています。

慌てて、欲しかったこけしの場所に戻ると

時すでに遅し.......


ああ〜〜何と言うことを......最初から手に持っていれば良かった........


前回は人も少なく、争奪戦になることもなかったので

油断してました。



それでも気を取り直して

もう一度会場を見渡して選んで来たのがこの子達です。


まずはやんちゃなネコの表情が可愛い

梅木直美工人のこけしちゃん。

会場では絵付けの実演をされていました。

梅木直美工人は胴が太く菊重ねと桜崩しの文様を描く

蔵王高湯系の工人で

父である梅木修一氏を師匠とし

蔵王高湯伝統こけしを継承しています。

ユニークなネコのお顔のこけしは大人気で

怒っているネコ
もいれば笑っているネコ

泣いているネコ
もいて

手にとった人はその魅力に取り憑かれてしまいます。

私のようなネコ好きさんにとってはたまらない作品です
(=^x^=)



ko-100


私が選んだのはこのネコちゃん。

やんちゃな表情がとってもキュート。

さぁ、これからどんないたずらをしてやろうかと

2匹でたくらんでいるようなお顔でしょう?

せっかくだから男の子と女の子の両方をお持ち帰り〜〜

ペアで飾ると菊重ねと桜崩しの両方の文様が楽しめます。

 

さらに、実演をされていた大沼秀顯工人の帽子こけし。

私が集めているこけしのほとんどが

暖色系なのですが

珍しく涼し気なこの子をお持ち帰り。

頭にちょこんと乗せたオシャレな水浅葱色の帽子が

とっても可愛い!!


KO-14



そしてそして、今回もう一組とびきり可愛いこけしを連れて帰ったのですが

その子達はまた別の機会にご紹介しますね。




私のこけしのコレクションは

お人形のコレクションのように

きっちり系統だてて集めている訳ではなく

出会った時の、その時、その時の

私の気持ちに寄り添ってくれるものをお迎えしているので

特にごひいきにしている作家さんはいませんが

ここ数年で集めたお気に入りの子をご紹介します。


まずは弥治郎系の「木地処路さとう」のねむりえじこシリーズから....

佐藤裕介工人作のねむりえじこ(栄治梅)

えじごとは世話ができない時に赤ちゃんが這い回らないように入れておく

竹などで丸く編んだ育児用のカゴのことです。

えじここけしを手に取ってみると

中に入っているこけしの首がぐらぐらあっちこっちに動いて

すやすや寝ている赤ちゃんそのものです。


k-22


こちらは裕介
工人の兄である佐藤英之工人のねむりえじこ(精助型ロクロ)

額に赤い点がぽつんとあって

まるでお地蔵様のようです。


k-21



こちらも、佐藤英之工人のねむりえじこ(誠型椿と菊)

写真では梅の花しか写っていませんが

反対側には菊の絵が描かれています。

赤と黄色のコントラストがとても綺麗です。


k-20




こちらは二代目汪江こけし工房のお野菜こけし

以前の記事では初代汪江こけし工房のお野菜こけしをご紹介しましたが

こちらは
初代汪江こけし工房を受け継いで作られた

神保恵子さんの作品です。

去年の夏のお盆休みに、工房の近くを車で通る機会があり

是非立ち寄ってみたいと思って前もってお電話で場所を確認していたのですが

当日は渋滞もなく予想以上に車の流れがスムーズだったために

予定以上に早く着きすぎてしまって

立ち寄りを断念しましたが

近くの道の駅にてお野菜こけしを発見!

かごいっぱいに持ち帰ってきました。

みょうが、大根、にんじん、なす、トマト、梨、かぶ

どれもとってもユニークで可愛い

KO-19



ちなみにこちらが初代初代汪江こけし工房のお野菜こけし

初代と二代目、

お顔の描き方に個性が
感じられます。


KO-20



こちらのこけしは2つとも梨をかたどっていますが

上が2代目、下が初代のこけし。

どちらもとっても可愛いです。


ko-22




こちらは、今マイブームになっている

作並系の平賀輝幸工人のピンクこけし。

大きさは6寸。

平賀輝幸工人のこけしは、色使いが乙女チックなものが多く、

おちょぼ口にポッと頬をピンク色に染めたお顔が

たまらなくチャーミングです。



KO-16


こちらも同じく
平賀輝幸工人のソフトクリームこけし

ペロっと舌を出して愛嬌たっぷりのこけしちゃんです。



KO-18



東北各地のこけしを手にとって一度に見られるこけし展は

なかなか東北地方に行くことのできない私にとって

とっても魅力的なイベントのひとつです。

来年の開催が今から待ち遠しい.....



さて、今年はどんなこけしとの出会いがあるのでしょうか.....


collage00

にほんブログ村 コレクションブログ ベッツィーへ


にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ



 
 

羽生結弦〜陰陽師 (かける君カスタム)

今年最初の『お人形で○○をやってみた』シリーズの第一弾は

羽生結弦の陰陽師です。

今季 [SEIMEI]と名付けられたフリー演技では、

2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎主演で製作された映画「陰陽師」の劇中歌を使用し

平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明の世界を再現

NHK杯でショート、フリー合せてのトータルスコアで史上初の300点越え、

それに続く2週間後のGPファイナルでは

自身の持つ世界最高点を再び塗りかえる驚異の点数を叩き出したのはまだ記憶に新しく

この2つの演技は何度見ても鳥肌が立つほど感動します。




今回、羽生君を演じてくれたのはリカちゃんキャッスルオリジナルのかける君(NO.10976)

関節に動きを持たせたかったのでボディはオビツボディに変えています。

狩衣を模したコスチュームは、

録画したフィギュアスケートのシーンを何度も繰り返し見て

苦しみながらもなんとか自力で作りました。


yuzu12-1


ピンと張りつめたような静寂な空気を破るように響きわたる太鼓ともの悲しい笛の音。

見えない敵と戦っているかのごとく右に左にと身をかわし宙を切り裂く指先。

まるで安倍晴明の魂が今まさにこの瞬間

羽生くんの身体に降臨したかのようです。

YUZU10-1

YUZU7-11

yuzu17-1

YUZU18-1

YUZU2-1

YUZU5-1

YUZU9-1

YUZU3-1

YUZU8-1

YUZU6-1

YUZU1-1

YUZU4-1

炎の中から
神社 デコメ絵文字安倍晴明降臨神社 デコメ絵文字

YUZURU


YUZU00


今、マイブームになっているのは

テレビの音声を消したまま

今季ショートプログラムで演じている羽生君の動きに合せて

ピアノでショパンのバラード1番を演奏すること。

あたかも羽生君と共演しているかのようで

一人自己満足の境地に陥ってます。(*^_^*)

ただこのバラード、譜面通りではなく

規定のプログラムの長さに合せてだいぶ端折っているので

映像に合せて弾くのは至難の業ですが.....


羽生結弦君の次なる戦いはボストンで開催される世界選手権。

今後の活躍、とても楽しみにしています。☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ

新年明けましておめでとうございます

1040152

新年明けましておめでとうございます。

昨年は『お人形とわたし』に遊びにいらしてくださって

ありがとうございました。

今年もお人形を通して

可愛いもの、素敵なものを皆様と共有して行きたいです。

また、今年は『お人形で○○をやってみた』シリーズを

さらにパワーアップして独自の世界観で

お人形遊びをお伝えできたらいいなと思っております。

どうぞよろしくお願いします。



今年の最初の画像は

カレンダー仕立てにしてみました。

画像をクリックすると、A3サイズの大きさに拡大され

プリントアウトできるようになっております。

よろしかったらお使いください。



ところで......

この記事を書いている途中で急に映画を見にいきたくなって

書きかけを下書き保存して出かけたつもりでいたのですが

間違えてアップしたまま出かけてしまったようです。

映画館で気がついて慌ててブログ記事、及びtwitterでの更新お知らせを削除したのですが

せっかくtwitterで「いいね」を押してくださった方、

リツィートしてくださった方、

更新した際twitterでの記録がなくなってしまいました。

ごめんなさい。

ハン・ソロ大好き!STAR WARS最高でした!




またリカちゃんキャッスルに行ってきました


8月に行ったばかりのリカちゃんキャッスルでしたが

また往復8時間かけて行ってきました。


catsle0



(前回の記事☆その1  ☆その2

前回は他の用事があって別の場所に行く予定でしたが

たまたま目的地から、地図上ではわりと近そうだったので

(実際はそう近くはありませんでしたが)

ついでに立ち寄ってみたのですが

今回はキャッスル内にあるお人形工房、

「リトルファクトリー」でオリジナルのお人形をオーダーするという

ちゃんとした目的がありました。



ただ数ヶ月前に行ったばかりですし

きっと運転手の主人は嫌がるだろうな....と思ったので

キャッスルのことは一切触れず、キャッスル周辺にある幻想的なあぶくま洞に行ってみようと誘い出し

キャッスル周辺に来たら、

『そうだ!ここからキャッスルに近いから

ついでに寄ってみない?』という筋書きを用意し

今回のキャッスル行きを密かに計画していたのです。



ところが当日は朝からどんよりとした曇り空

今にも雨が降り出しそうです。

天気予報では午後から雨が降りだし、夕方にはまとまった雨になるとのこと。

何もこんな日に洞窟に行くことないんじゃない?との主人の声を聞こえないふりして

に乗り込みました。(><)



ところが天気予報よりも早く小雨が降ってきて

常磐自動車道を走る頃には本格的な雨模様になってきました。

「この雨ではあぶくま洞に行っても仕方ないので

それじゃぁ仕方ない、キャッスルにでも行くか」...という方向に無理矢理話を持って行き、

当初の計画通り、11時すぎにキャッスルに到着。


castle11


今回のチケット、数ヶ月前のチケットとは絵柄が変ってました。

早速、家から連れて来たリカちゃんと記念写真です。


catsle2

『この雨じゃ、あぶくま洞は探検できそうにないわ。リカ楽しみにしてたのに...残念!』
 


前回は平日に行ったのですごく空いていましたが

連休の最終日とあって

大勢の家族連れで大賑わい。

お城の中はクリスマス仕様に変っていて

メインゲートにいる大きいリカちゃんも

サンタさんの衣裳を羽織っていました。

catsle3




今回の目的はあくまでもリトルファクトリーでのセミオーダー。

写真は前回たくさん撮ってきたので、

今日はたくさんの展示物を横目に

リトルファクトリー目指して急ぎ足で進んで行きました。

今日は3人の方がお人形の彩色をされていました。

わぁ〜楽しそう......

castle10


セミオーダーは以前からとっても興味があったのですが

前回は出先で突然立ち寄ることになったので

セミオーダーをしたくても勉強不足でそのやり方がわからず、

また自分の理想とするお人形の漠然としたイメージしか持っていなかったので断念。

そして満を持して、今回のリトルファクトリー行きを決行した...ということなのです。




特殊な髪型のオーダーは担当者が決まっているらしく

そのスタッフさんがいないと受け付けてくれないようなので

電話で何回かその担当スタッフさんと日にちの打ち合わせをしてから

今回のキャッスル行きに臨みました。



今回は手持ちのお人形のリメイクではなく、

最初からオーダーするという形をとったので

キャッスルの中で作られているフェイスの中から

自分が欲しいお人形の瞳や口紅、ほお紅が一番自分の理想とするフェイスを選ばせていただいて

そのフェイスに好きな髪型の植毛をしてもらうという形をとらせて頂きました。

今回は20個くらいのフェイスの中から好みのメイクの子を選んだのですが

ベースの瞳の色やリップが違うだけで

同じモールドなのに、大人っぽい子や幼く見える子がいて

お顔選びだけでもとっても楽しかったです。

フェイスが決まった後、髪の色と髪型を決めます。

この時、イメージする写真やイラストなどを持って行かれると

言葉で説明するよりも、担当スタッフさんにイメージが伝わりやすいと思います。



ファクトリーで念入りに担当スタッフさんと相談したあと、

2体無事にセミオーダーできました。

仕上がりは2ヶ月から3ヶ月先とのこと。

ドール到着までドキドキの毎日です。


ご参考までに現在のセミオーダーの基本値段ですが

ストレートロング 7000円
ポニーテール 7500円
ショートカット 7500円
両サイドアップ 8000円
トップアップ 8000円
ツインテール 8500円
リメイク植毛 5000円
リメイク部分植毛 2500円
上記のとかし カット 1000円
またオプションとして
レイヤーねじり 250円(550円)
三つ編み1本あたり 250円 (550円)
ツイスト1本あたり 250円(550円)
縦ロール1本 300円(600円)
裾ロール 300円 (600円)
ジグソバージュ 300円(600円)
プレソバージュ 300円(800円)
2代目風前髪とかし 500円
前髪分分岐/十字分岐 1000円
メッシュ1色 500円
リップ&チーク 500円(1000円)
毛抜き代行料 1000円


※(    )内の料金はリメイクのみの金額です。

植毛はすごく手間も時間もかかるだけでなく根気も必要。

でもこのお値段で、自分の欲しい仕様のお人形が手に入るのは

とっても嬉しいです。



以前、キュリオケースに飾っておいていた

縦ロールの限定販売のジェニーちゃんの髪の毛を

家に来てたピアノの生徒さんが、別の子を指導していた間に

綺麗に梳かしてしまったことがありました。

ケースの中とはいえ、子供の手の届くところに置いていた自分が悪いのですが

縦ロールが見事にぐたぁ〜っとなってしまったジェニーちゃんを見て

思わず血の気が引きました。

次回、キャッスルに行くことがあったら

この子の縦ロールを復活させてあげたいです。




心配していたセミオーダーも無事に済んで

せっかくだから、またお人形教室で遊んで来ました。

この間行った時はガラガラでお人形教室には私一人しかいなかったので

小さい子供椅子に座って、お人形に選んだ服を着せかえるのは

なんだか気恥ずかしかったのですが

今日は大盛況で、夢中でお人形を選んでいたら

あっという間に座る椅子がなくなってしまいました。

前回行ったときは、ママと子供がリカちゃんとお揃いのなりきりドレスを着て

キャッスル内を歩いていました。

小さな女の子でもいれば、その子をダシに使って

私もドレスを着たかったのに...って思いましたが

今回は大人の女性単独でなりきりドレスを着ていたかたもちらほら見受けられました。

キャッスル内では特に浮いた感じには見えないその姿に

ああ、私にもそんな勇気があったら.........と思いました(笑)




castle13


今回私が選んだリカちゃんは、

ストロベリー色の前髪に、プラチナブロンドのカーリーヘアーの子。

普段なら絶対選ばない仕様なのに、なぜか連れて帰りたい衝動にかられました。

この子に選んだのはピンクのネグリジェ風ドレス。

とってもラブリーなリカちゃんになりました。

そして、この子のためにもう一着ドレスを新調し

思い残すことなくキャッスルを後にしました。

catsle5



もちろん、雨なのであぶくま洞には行かず、

(雨でなくても、行かなかったかも.....

そのまま自宅へ戻りました。

往復8時間、キャッスル滞在時間50分。(その内、40分間はセミオーダーの打ち合わせ)

尚、リカちゃんキャッスルのリトルファクトリーは店舗改装となり

来年1月3日より、展示スペースとして生まれ変るそうです。

また、リトルファクトリーin リカちゃんキャッスルを毎月開催するとのこと。

リカちゃんファンにとってはさらに楽しい集いの場所になりそうです。

さて、次回はどんな理由を見つけてキャッスルまで行こうか検討中です。


castle6

『さて、用事が済んだからさっさと退散、退散!』


家に帰ってきて、早速リカちゃんハウスで

イチゴ姫とお人形ごっこをしました。

castle8


『ピンクのお部屋でピンクの家具に囲まれて...リカとっても幸せよ!』

catsle9


ピンクの小花柄のドレスも似合うでしょ!

早くセミオーダーのお人形が出来上がりますように!!



高橋真琴の原画展と時代まつり


11月14日から佐倉市立美術館で始まった

『高橋真琴の原画展〜佐倉で描かれた少女たち』に行ってきました。

makoto1


ブロンドの長い巻き毛にきらきらと瞳を輝かせ、

白いレースやリボンの施されたドレスを着て

色とりどりの花が咲き乱れる庭園で

静かに微笑む高橋真琴さんの少女の華麗で繊細なイラストは

いつの時代も女の子の夢と憧れでした。

筆箱に色鉛筆、自由帳や下敷きにハンカチ.......

小学生の頃の私の持ち物のほとんどは

高橋真琴さんのグッズで揃えていました。


私の住んでいる市に隣接している佐倉市在住の作家さんだけに

高橋真琴さんが描いた少女画のポスターは

ことあるごとに街や駅でもよく目にするのですが

どんなに急いでいても真琴さんのポスターを見ると

ついうっとり.......足を止めて見入ってしまいます。


佐倉市上志津のアトリエの庭に設けられた真琴画廊や

東京の展示会にも何度かお邪魔したことがありますが

私にとっては決して手の届かない神様のような存在なのに

気さくにお声をかけてくださって

その優しい気遣いとお人柄が

そのまま作品に表れているように感じました。

macoto2



今回のこの
『高橋真琴の原画展」では

初期の原画から近年の大作まで約300点もの原画を展示し、

真琴さんの60年にわたる真琴ワールドを一堂に紹介した

とても見応えのある展示会です。


macoto10



今回の原画展のポスターになった『水辺のユートピア』。

ポスターでは何度も目にしましたが

やはり原画の色と質感はポスターではなかなか表現できないものです。

水辺の緑の木々と、少女のベルベッドの深いグリーンのお洋服がとても印象的。

ブロンドの流れるような髪に

とっても映えるグリーンです。

このお洋服は数年前に真琴さんの個展で遭遇した女の子が

着ていたお洋服をイメージしたものだとか.....。

豊かな緑の森の水辺に小鳥たちが集まる憩いの場所、

まさに水辺のユートピア....

いつまでも眺めていたい、そんな原画でした。



会場では原画の他、

今まで描かれた少女雑誌やマンガの口絵、

文房具の数々も展示されていたのですが

まるでタイムスリップしたように

真琴グッズに囲まれていた子供時代が蘇ったような

懐かしさでいっぱいになりました。

真琴さんのイラストは、ただ眺めているだけで

とっても幸せになります。


会場の一角には高橋真琴さんのデザイン画を元に

地元千葉県立佐倉東高等学校服飾デザイン科の卒業生が制作された

可愛らしいピンクのドレスが展示されていました。

できるだけ原画のイメージを再現しようと

ドレス生地の質感やレースのデザイン、パフスリーブのボリューム感など

細部にまでこだわった力作に思わず見とれてしまいました。


又、会場内では2011年に行われたライブペインティングのDVDが流されていたので

その様子をじっくり拝見していたら

筆を持ち解説されている真琴さんのまわりを

ずらっと取り囲む来場者の中にお友達のhirokoちゃんを発見!

真琴さんの手元を見つめる彼女のおめめは

イラストの少女のようにキラキラしていました。

ライブペインティングの様子は彼女のブログでもご紹介されています。


『MACOTOPIA~高橋真琴 喜寿記念画集 出版記念展』


会場内は撮影禁止でしたが

こちらのスペースは撮影コーナーになっており

作品『サモワール』の少女と一緒に

白い椅子に座ってお茶会の気分で写真を撮ることができました。

macoto3



ミュージアムショップでは

たくさんの真琴さんの書籍やグッズが販売されていました。

本はたくさん持っているので、

今回はファイルケースと絵葉書を自分用に買ってきました。

macoto4


macoto5

真琴さんのイラストの少女のほとんどが正面を向いているのには

作品を見た人が嬉しい時には

イラストの少女も喜んでいるように、

悲しい時は少女が励ましてくれるように、

イラストの少女と正面から向き合い

共に語り合えるようにという想いからだそうです。


家族には真琴さんの描く絵のバラをイメージとして作られたお菓子を

買ってきました。


macotp6


真琴さんのイラストが描かれたお菓子(4個入り)

バラのフィナンシェ フランポワーズ、ポストカード付き。

バラの形のマドレーヌもパッケージもどちらも

とっても可愛い!!


 
macoto11


実はこのお菓子をお皿に並べて、

紅茶を入れようとお湯をわかしている最中に

バニラ味のだけネコのチャッピーに食べられてしまいびっくり!!

(残りの3つはちゃんと家族用に手をつけないで残してありました。)

チャッピーは育ちがいいので(><)

今までは決してテーブルの上に乗って人様の食べ物を食べたことがなかったので

私も油断しきってました。

チャッピーもこのお菓子の可愛らしさの誘惑に勝てなかったのでしょうか....

我が家は3人家族プラス1匹

そしてお菓子は4つ入り。

家族へのおみやげに....って買ってきたから

チャッピーも家族として食べる権利はあるのでしょうが.....(><)

よりによって私の一番好きなバニラ味を......トホホ 

macoto7


こちらでは原画は販売されていませんでしたが

現代における最新技術を駆使し

原画に限りなく近い複製が作れるジグレーという印刷技術で作られた

ポスターが額に納められて販売されていました。

通常のポスター印刷と比べるとその差は歴然。

真琴さんの原画はなかなか手に入りませんが

これだったら私のお小遣いでも手が届きそうです。

会期は12月23日まで。

それまでにもう一度行ってみようと思います。



『高橋真琴の原画展ー佐倉で描かれた少女たち』

2015年11月14日(土)〜12月23日(水) 10時−18時

佐倉市立美術館(千葉県佐倉市新町210 TEL043-485-7851)



美術館のあとは佐倉の街並を散策。

ちょうどこの日は

佐倉・城下町400年記念のイベント

『第17回 時代まつり』開催の日でした。

この麗しき姫君のポスターも高橋真琴さんが手がけたものです。

macoto9


400年前、領主土井利勝が治めていたこの地に佐倉城が築かれ、

武家屋敷や町家が点在し、

佐倉藩十一万石の城下町として栄えました。

現在でも町のあちこちに当時をしのばせる

古い建物や史跡が残っています。


この時代まつりは江戸時代の風情が残る新町通りを中心に

武士、姫君、町人、商人、町娘などが行き交い

江戸時代の賑やかな町の様子を再現するお祭りで

今年で17回目となります。

11月14日(土)に行われる予定でしたが、雨天順延となり

翌日の15日(日)に行われました。

町のあちこちで江戸時代から続く日本の伝統芸や演武

捕物寸劇、大道芸などが繰り広げられました。

子供に人気の手裏剣道場や忍者変身処、

軽妙な口上の南京玉すだれやガマの油売り、

迫力のある鷹匠ショーなど

まるで江戸時代にワープしたかのようです。



c39ab943-a581-4f9e-866d-347d344714f3wallpaper




37ab6283-71af-4614-acc1-1a164dbfebecwallpaper





e60b5150-3d04-45ad-bb56-38433c8302fcwallpaper




e9d18aa9-2e53-4c45-8c2d-52d9fd65d84cwallpaper


真琴さんの夢のようなロマッチックな世界と

江戸時代の賑やかな町の様子を垣間みることができて

とても楽しい晩秋の一日でした。



*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ