パンジーの季節がそろそろ終わり

庭の主役はジャーマンアイリスに変わります。

最初の年は4株だけ植えたジャーマンアイリスも

年々株が増えてきて込み合ってきたので

去年は大規模な植え替えをしました。


その影響で今年の花はあまり期待していませんでしたが

こんな綺麗な花を咲かせてくれました。


 ASIBUTO1
私と一緒にジャーマンアイリスの花壇をお散歩するのは

乙女チックな足太ちゃん。

昭和初期に作られた子です。

エプロンの中には摘んだばかりのお花を大事そうに持っています。

少し面長でぱっちりとしたおめめ

きゅっと結んだ三つ編みの少女の可愛らしいこと。


ASHIBUTO2


ジャーマンアイリスという名は

ギリシャ神話に出てくる虹の女神イリスに由来しているそうです。

虹からしたたり落ちた雫が地面に触れて

そこからアイリスの花が咲いたと言われています。


ASHIBUTO4

その名のとおり、アイリスには

さまざまな色の品種があります。

カタログを見ながら、今年はどの品種の株を植えようか考えるのも

また楽しいひとときです。





ASHIBUTO3



この花は去年初めて植えたシルバラードです。



ASHI


 
庭のジャーマンアイリスは、まだまだこれからが本番。

日に日に大きくつぼみを膨らませ、

花開くタイミングを、今か今かと待ってます。



ASHI2

 

今まではカラフルなお庭が好きでしたが

 最近凝っているのは『ブルー』
 
今年も、涼しげなブルーのお花を植えてみました。

トレニア、ブルーサルビア、ラベンダー、イソトマ、アゲラタム.....

爽やかなブルーの色がお庭を埋め尽くします。


Ashibuto5





ASHIBUTO6
 



ASHIBUTO7
 



でもなんと言っても、初夏のお花の主役はピンクの薔薇。


ASHIBUTO9
 

薔薇のアーチをくぐると、ほのかな甘い香りが漂ってきます。


ASHIBUTO10

2010年 初夏の庭にて