二十数年前、ホームメイドのお菓子を作るのが趣味だった頃がありました。

その時に集めていたのがビンテージのケーキトッパー。

1950年代頃からウェディングケーキの飾り用に作られ始め

その後、動物をかたどったものや、バレリーナ、童話のキャラクターなど

さまざまな種類の楽しいケーキトッパーが作られて来ました。

我が家でもかつてクリスマスのブッシュ ・ド・ノエルを作る時は 

もみの木の手前にたくさんのシカを並べたりと大活躍でした。

ケーキを作ることがめったになくなった今

ケーキトッパーたちは、ケーキの上でなく

お部屋のあちこちで見かけます。



以前より食べてみたかったチャプチーノのカップケーキに

バレンタイン仕様が発売されると聞いて

早速カップケーキボックスをお取り寄せ〜〜


cake13



お店で購入すると、おうちに帰ってすぐにいただけますが

お取り寄せは冷凍の状態で届きます。

お洒落なピンク色のボックスから

どんなカップケーキが表れるのかな。


cake14


半解凍になるまで我慢すること1時間......

中からこんな可愛いカップケーキが表れました。

せっかくだからと、ここでケーキトッパーさんのご登場。

窓辺や飾り棚で自由に踊っていた踊り子さんたちに

招集がかかります。


cake15


蓮の花びらの上で踊るバレリーナのケーキトップ。

1950年代頃のものです。

すらりとした長い手足でアラベスクのポーズもキマッてます。


cake18



cake16


古いものなのでところどころ色が剥がれてしまっています。


お顔の善し悪しはご愛嬌ということで......


cake19


こちらは蓮の花のないタイプ。

こちらは未開封のまま保存していたのでとても良い状態です。
 

cake1



桃色組のバレリーナーたち

un  deux  trois.....

指の先まで神経が行き届いてます。


cake2
 

青組のバレリーナも負けじとしなやかに頑張ってます。
 

cake3



トレイの中にたくさんのバレリーナ達がひしめき合ってます。

さながらバレエスタジオのよう............

 
cake4





宝石箱の中をそっとのぞいてみると.........

 
cake5


色とりどりのドレスに着飾った伯爵夫人達。

みなさま、ごきげんよう!


cake6



こちらは白雪姫と7人の小人達。 

こちらは1960年代の頃のもの。
 

cake7



かぼちゃの馬車をバックに

シンデレラ姫と王子様

シンデレラのお顔のたくましいこと!


cake8



こちらはガラスの馬車。


cake9
 

馬車の屋根が開くので

さきほどの伯爵夫人を乗せてみました。

透明感が素敵です。


cake10


ベビーカーに乗った赤ちゃん達。

すやすや寝ている姿が可愛い〜

赤ちゃんはベビーカーから取り出す事もできます。


cake11
 

ブルーとピンクの木馬たちは

普段はこのミニチェストの上が定位置です。
 
  
cake12
 

小さいもの、大好きです。

ケーキトッパー、これからも集めて行きたいです。