本当ならば、今日のブログ更新で

昨日の国立競技場での歴史的なライブの感想を

熱く、熱く語ることになっていました......

まさか、こんなことになろうとは誰が予想していたでしょうか。

ポールマッカートニー 2014 国立競技場 日本初の野外ライブ

この2日間の顛末をメモ代わりに記録します。
 

1385073238537



2013年の11月21日の東京ドーム。

日本初の国旗とイギリスの国旗を掲げながら「アリガトウ トウキョウ マタアイマショウ ゲンキデネ」

「See you next time」と締めくくった日本公演。

(その時の様子はこちらに記しています) 

もしかしたら、次のステージの実現も夢ではないかもと思ったあの日からたった数ヶ月後に

6年後のオリンピックを目指して解体される国立競技場の最終記念公演の来日が実現するなんて

夢にも思わなかった。

公演が発表されてすぐにチケットを手配したものの

あまりにあわてすぎて入力ミスしてしまい、家族3人分のチケットを申込めなかったので

結局初日(5月17日)のチケットは一度キャンセルし

翌日5月18日のチケットを取り直した。

速攻で申込めなかったせいで届いたチケットはアリーナではなかったが

それでもスタンド前段の1番前ということで

前回のドームでアリーナ席にもかかわらず、前方の人の背が高くて

星加ルミ子さん並の背丈しかない私はほとんど見えなかったので
 
それよりはいくらかはマシかも........と淡い期待をしていた。



5月16日(金)国立競技場の前日からそわそわして

誰か中の様子をツィートしてないかなとチェックしていると

競技場の近くの人から、今競技場の方から懐かしい曲が聞こえてきてるとツィート。

どうやら、明日の公演に向けて音響チェックが行われているらしい。

次々にツィートされる競技場でのレポートに

私の心臓は高鳴った。

ポールファンにとって、この時点での最大の関心はオープニングの曲。

ツィートしてくれる人の文面をくまなくチェックすると

『ペーパーバックライター』『クィニーアイ』などを演奏している様子。

音漏れとはいえ、通りすがりで演奏を聴けるだなんて、羨ましい!!



5月17日(土)国立競技場1日目

ポールは2日間ある東京公演を飽きさせない工夫をしていると言っていた。

ということは、前回同様

1日目と2日目に多少のセットリストを変えて演奏するかも知れない。

気になったので、やはり昼過ぎごろから1日目に行かれている人のツィートを

携帯でちょくちょくチェックしていた。



サウンドチェックを見ることの出来るVIPチケットを持ってる人は

いち早く会場に入れるので、その人のツィートを待っていたのだが......

サウンドチェックが一向に始まらない様子。

前回の時も少し開始が遅れたので、最初はそう気にならなかったけれど

誰かが、某掲示板で

みんな知らないの?ポールがホテルで大変なことになっている との書き込み。

一瞬『え?』って思ったけれど、

その後の続きがなかったから、ガセネタなのかなと思っているうちに

ホテルで待機していた人からのツィートで

サウンドチェックが始まっているであろう時間にもかかわらず

ポールがホテルから出てこないとの情報が.......

まさか....いや、ず〜っと若い頃にも

ジョージマーティンさんとの大事な約束の時に

他の3人はちゃんと集合していたのに

まだお風呂に入っていて大幅に遅刻したのは確かポールだったよねと

自分を納得させようとしているけれど、やはり胸騒ぎがしてならない.......

そうこうしているうちに、サウンドチェックに立ち会うはずだった人から

ポール急病で公演中止とのツィートが........

この時点でまだ公式サイトでも中止のお知らせは来てないし

もちろん、公演が中止になっただなんて夢にも思わない人達で

会場周辺は埋め尽くされているに違いない。

某掲示板にも、ツィッターにもどよめきが走る。

どうして?なぜ?

次々にツィートされる文面をチェックし続ける。

会場整理のバイトの人が拡声器で中止決定をお知らせし

ゲートには本日の公演中止決定の貼り紙が貼り出された模様。

開場時間を過ぎてからの中止の知らせに

開場を今か、今かと待ち望んで早くから並んで待っている方や

地方から来られた方達はどんなに驚き、落胆されていることだろう.......

まだこの時点ではポールの急病がどの程度のものなのかわかっていなかったが

その後、公式HP、及びラインで以下のお知らせがあった


日本のファンの皆さんへ 

日本のファンの皆さん、心からの温かい歓迎を本当にありがとう。 

残念ながら今夜の東京での公演を延期しなくてはならなくなりました。
金曜日(16日)にウイルス性炎症により体調を崩し、
今日のステージは無理だと医師に言われました。
僕もコンサートを楽しみにしていたので、
このようになってしまったことをファンの皆さまに大変申し訳なく思っています。 

現在は医師の指示の下、
明日の公演と残りの日本ツアーが予定通り行われるように全力を尽くしています。 
今夜の公演は月曜日(19日)に振り替えることができました。
ご都合が合わない方もいらっしゃるかと思いますが、 
是非とも皆さんにお会いできることを願っています。 

 LOVE, 

 Paul 


ウィルス性炎症というあいまいな表現で

実際それがインフルエンザなのか、急性腸炎なのか、はたまた喉の具合が悪いのか

全くわからず、私が行く明日の公演もどうなるのかとても心配だった。

公演をキャンセルするという決断はそう簡単にできるものではない。

キャンセルするからにはよっぽど体調が悪いに違いない。

こんな状態で明日の公演が出来るのだろうか.......

p1

5月18日(日)

心配で眠れない夜を過ごした翌朝は

雲ひとつない快晴。絶好の野外ライブ日和。

庭にはザ・マッカートニーという名のバラが咲いている。

でも心は全然晴れない.....

出発ギリギリまで公式HPや音楽事務所、ポールのラインのアカウントや、ツィッターをチェックするも

中止とも開催ともわからないまま、9時過ぎに家を出る

現地に着いたのがお昼前。

グッズ売り場の売店にはすでに長蛇の列。この炎天下に何時間も並ぶのは耐えられないので

早々とグッズ購入をあきらめて、日陰を探す。

私のチケットは千駄ヶ谷門から入場なので、そこへ移動。

この場所は他のゲートよりも日陰があって風通しもいいので

ここだったらなんとか3時半の開場まで我慢できそう。


p2



この時点でこのゲートで待っている人は私の家族の他、2〜3人のみ。

そのうち、バスドラの音が聴こえてきた。

ギターの音も風に乗って聴こえてくる。

サウンドチェックが始まったんだ。今日はできるんだ。私は確信した。この時は........

しかしその後、楽器の音がすることはなかった。



音がしなくなって、私はそこにいるのが飽きてしまったので

ポールの入り待ちの列に並んだ。

そろそろ来てもいい時間だ。
 
ポールの車は黒塗りのリンカーン。ナンバーも控えてある。

カメラを連写に切り替えてスタンバイをする。

沿道にはポールの入り待ちを待っている人、人、人......

黒の車が通るたびに、みんなカメラを構える。

でも......遅い....あまりにも遅い。

もうサウンドチェックが終っていてもいい時間なのに

まだポールが来ない。

嫌な予感をしてツィッターをチェック。

サウンドチェック組の人からのツィート。

昨日と全く同じパターンだと.......

あわてて、ホテル待機組のツィッターをチェック。

「ポールを乗せるであろう車が ペニンシュラホテルに横付けされているのに

肝心のポールがホテルから出てこない。」

「ポールを乗せるであろう車から、ポールのカールへフナーのベースが

車から降ろされた」

これは何を意味するのか、私にはすぐにわかった。

今日も中止だ。

私は入り待ちの列を離れて、ゲートで待機している主人に知らせた。

公演は中止になったと.......

この時、ゲートでは開門するためにスタッフが、

これから開門しますが、危ないですので線のところまでお下がりくださいと

拡声器で案内していた。

開門って?公演は中止なのに、なぜ中に人を入れるのか不思議だった。

しばらくして開門。

たくさんの人が競技場へと整列しながら入っていく。

その人達をゲートの外で見送る私たち。

中に入って行ったって開催されないのに。

教えてあげたいけれど、正式な発表がまだだから

うかつには口にできない。

中に入ってから中止のお知らせを聞いて

たくさんの人が出口に殺到するのも嫌なので、私たちは公式の案内を聞く前に駅に向かい始めた。

この時、サウンドチェック組の人からのツィートで

「今日も公演中止」との知らせが入った。

p3


駅の前では、今日の公演のチケット余ってませんか?と人が立っている。

これから会場へ向かうポールのTシャツを着たたくさんの人達とすれ違う。

この人達はまだ中止になったことを知らないんだ。

私はやりきれない気持ちでいっぱいだった。

千駄ヶ谷駅の改札を抜けてホームに立ったころ、

JR駅員が『今日のポールマッカートニーの公演は中止になりました』と

アナウンスがあった。
 

たった今、電車から降りてきたたくさんの人達から

『え〜〜〜』『本当?』と悲鳴に近い声が聴こえる。

でも、昨日のこともあって覚悟して来ているのか

誰も中止に対して怒ったり、文句を言ったりしている人は

私の周りでは見られなかった。 

それどころか中止のアナウンスを聞いたにもかかわらず 

ホームで引き返す人は一人もいず、

その事実を自分の目で確かめたいのか

みんな改札を出て、競技場へと向かって行った。ファン心理なんだろうな。

でもなんで中止の第一報が駅員さんなんだろう。
 
会場ではまだ中止だと気がついていない人もいるはず。

正式な発表は4時15分すぎ。開演1時間15分前だったそうだ。

主催者側の対応の遅さに腹が立った。

国立競技場の開場少し前に、消防車が来ていた。

昨日もこのタイミングで来ていたらしい。

もしかしたら、花火の打ち上げでもあったのかなぁ。

見たかったなぁ....... 



ポールの病名が詳しく発表されていないので

今どんな状態なのかわからないけれど

仮に急性腸炎であれば、私も経験したことがあるけれど

死んだ方がマシと思えるくらい辛いものだ。

私の友人も去年、旅先で急性腸炎になって

ホテルから救急車で運ばれた。

2〜3日で治るような軽いものではない。

急性喉頭炎や声帯炎であれば、1週間は声が出なくなってしまう。

ポールの年齢のことを考えると、不安はつきない。


21日は武道館でのコンサート。

ビートルズとしての公演以来

実に48年ぶりの武道館のステージとなる。 

開催できるかどうか、現時点でまだわからない。

チケットは確保しているから、とりあえず武道館に行ってみるけれど

ファンの心理としては、ここで無理をして欲しくない。

このまま全アジアツアーをキャンセルして一度母国に戻り

コンサートツアーで疲労の溜まった身体を癒して

また来年にでも元気に復活してもらいたいと思っている。


 

DSC_0119




最後に、ポールの情報を流してくださった

SC参加組の皆様、ホテル待機組の皆様、どうもありがとうございました。



Dear Paul,
We all worrying about you.
Don't overstrain yourself. Take your time.
We all hope you feel better soon.

 Lots of Love,

追記

ポールマッカートニーの
<アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014 >全公演中止が決定しました。

以下主催者発表より

5月17日(土)、18日(日)の国立競技場公演を延期しておりました
ポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2014 のコンサートですが、
ポール・マッカートニー本人の体調の回復を待ったものの、
十分な演奏を行うまでに回復しないという事情で、
5月21日(水)日本武道館公演、
及び5月24日(土)ヤンマースタジアム長居公演も含めた
全ての公演を、正式に中止とさせていただきますことをご報告致します。
 
公演を楽しみにされていたファンの皆様、関係各位には、
ご期待に添えない結果となり深くお詫び申し上げます。

5月17日(土)の公演延期の際に皆様にご報告させていただいた
「ウイルス性炎症」による体調不良が回復せず、
昨日19日(月)、引き続き静養に専念すべきとの医師の診断の結果を受けました。
これを受けて、
アーティスト側、招聘元および日本公演主催各社で協議を重ね、
ここで無理をしてステージに立つよりも、
ポール・マッカートニー本人の完全な体調回復を最優先すべきと判断し、
非常に残念ながら、
ポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2014 の全公演を
中止とさせていただく事を決定致しました。

何卒、皆様のご理解を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

今回のツアーに関しましては、
度重なる延期決定に加え、
結果として全公演中止という事態となり、
皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、ポール・マッカートニー本人も希望している
早期再来日公演の実現に向けてアーティスト側と協議してまいります。
 


<ポール・マッカートニー マネージメント広報より>
誠に不本意ながら、
ポール・マッカートニーは5月21日の日本武道館公演並びに
5月24日のヤンマースタジアム長居公演を中止させていただきます。
ポールの体調は今もって回復しておらず、
やむをえず今後の公演を中止せざるをえなくなりました。
早期の回復を目指していましたが、
医師の判断により、引き続き静養に専念するように命じられました。
彼は日本のファンの皆さんからのメッセージに感動しており、
今回日本のステージに立てなかったことを非常に残念に思っております。
なるべく早い段階で再来日できるよう、日程の調整に全力を尽くしています。

<ポール・マッカートニーより>
昨年11月、ここ日本で素晴らしい時を過ごして以来、
また演奏できることをとても楽しみにしていました。
国立競技場に続いて、今後の公演も中止することは、
僕にとっても非常に残念です。
日本のファンの皆さんからの愛、励ましのメッセージと理解に感謝しています。
みなさんにまた近いうちに会えることを信じています。

愛を込めて




次の来日がどうだとか、振替コンサートはいつだとか

そんなことはどうでもいいから、

とにかくポールを休ませてあげて欲しいです。

みんな、無期限でポールが元気に歌う姿を見るのを待っています。



もぎ取られることのなかったチケットを見るだけで

涙が出て来る........

P5