私が幼かった頃、初めてお友達になってくれたお人形は

祖母から送られた布製の文化人形。

f564b8fc


自分よりも 大きいお人形に『でぶこちゃん』と名前をつけて

お昼寝する時も、食事する時も、いつも一緒。

お出かけする時はおんぶひもで背負ってどこにでも連れて行きました。
 
あの時の『でぶこちゃん』はもういませんが

時々、今でも無性に『でぶこちゃん』に逢いたくなります。



そんな時、出会ったのがゆめみどーるさんの文化人形。

あの時の『でぶこちゃん』の雰囲気にとってもよく似ています。



赤いボンネットが似合うこの子は『くるみちゃん』

ゆめみどーるさんの文化ちゃんは

できるだけ昔懐かしい当時の文化人形の雰囲気を伝えられるように

材料にもこだわりがあって

お洋服やボンネットには昭和初期の古布が使われています。

全長40センチ。

犬張子の絵柄がとても可愛い


bunka7



bunka4



bunka5



そして、妹の『晴(はる)ちゃん』

こちらは赤い頭巾をかぶっています。

全長35センチ。

おっとり顔のくるみちゃんよりも

お転婆さんのお顔をしています。

 お腹の中に鳴き笛が入っていて

お腹を押すと、キュッと鳴ります。


bunka2




bunka1




bunka3

 
こうやってお人形と遊んでいると

あの時の小さかった『rikarinnちゃん』に戻ったみたい。

周りの景色さえ、セピア色に見えてくるようです。

いつの日か私もこんな文化ちゃんが作れたらいいなぁ〜

bunka8


 
にほんブログ村 コレクションブログ ベッツィーへ