ぶらり鎌倉散歩 (コケーシカ)


鎌倉と言えば......

江ノ電 大仏 コケーシカ っていうキャッチフレーズに惹かれて

日本の伝統こけしやロシアのマトリョーシカを扱っている

コケーシカ(木形子可)さんへ行ってみました。

江ノ電にゆらゆら揺られて由比ケ浜駅から徒歩5分

写真家であり詩人の沼田元気さんがプロデュースするお店です。

お店を紹介する本には

由比ケ浜駅から徒歩5分と書いてありましたが

確かに直線距離にしたら5分程ですが

道なりに行くと10分くらいかかってしまいます。

由比ケ浜大通りを渡り、閑静な住宅地の中。

吉屋信子記念館の斜め前にお店はありました。


kamakura31


外から窓からのぞくと、

6畳ほどの狭い店内に、可愛いこけしやマトリョーシカがぎっしり

私の心臓はドキドキドキドキ....まさにパルピテーションです。


kamakura33


お店の中にはすでに3組ほどのお客様が来店されていて満員状態に。

はやる心を抑えて、しばらくお店の外で待ってから中に入りました。 

巷では女性や若者の間で『こけし』が静かに流行し

今や第3次こけしブーム到来と言われているようですが

次から次へと来店されるお客様を目の当たりにして

それを実感しました。


_SL500_AA300_


マトリョーシカ大図鑑という本を読んで

いつか行ってみたいと思っていた

沼田さんがプロデュースしたというコケーシカ。

数年前にお邪魔するチャンスがあったのですが

HPで営業時間を確認したらあいにく改装中だったようで

それ以来、なかなかお邪魔するチャンスがありませんでした。



お客さんが1組中から出て来たところで入店。

入り口には大きなこけしちゃんが出迎えてくれました。

kamakura30


正面の背の高い棚には、こけし、こけし、こけし......

左側の棚には、マトリョーシカ、マトリョーシカ、マトリョーシカ......

左の背の低い棚には、おみやげにぴったりのこけしグッズや懐かしい貝殻人形....


kamakura60


一体どこから見たらいいの〜って困ってしまうみたいに

あまりにも大勢の胸キュンちゃんたちに

心を落ち着かせるのがやっと.......

キョロキョロ見渡しながら、一点に視線が定まりません。

kamakura34


弥治郎系や遠刈田系、鳴子系、作並系、津軽系、南部系など

こけしの名産として有名な東北6県の伝統こけしがずらり.....

kamakura35


同じ系統の伝統こけしでも作者によって個性があって

見比べてみるのも、これまた楽しい〜〜〜

kamakura36

kamakura41

伝統的なこけしやマトリョーシカに混じって

個性豊かなコケーシカオリジナルのこけしやマトリョーシカもありました。

kamakura37


色使いがとても優しい素朴なマトリョーシカの家族。

kamakura40


こちらは繊細な筆使いでシンデレラの物語が描かれています。

kamakura39


色彩色豊かなマトリョーシカの数々........
kamakura38

 
夏休みということもあり、次から次へといらっしゃるお客様で

あまりゆっくり見てまわるのも申し訳なくて

さっさとお買い物をしてお店から出なくちゃって思いながら

結局30分も店内に留まってしまいました。

でも30分かけても、

一人、一人のこけしやマトちゃんの目を見て

ご挨拶なんてできませんでした。



今回はこけしちゃんを連れて帰ろうと思って

たくさんのこけしを見比べながら

ぱっと目を惹いたのがこの子です。

うちにいる大きなこけしちゃんにそっくりです。


ちょっと、おちびちゃん......恥ずかしがらないで出ておいで.....




鎌田孝志工人作
弥治郎系こけし
大きさ4寸

kamakura53



40年代から60年代にかけてミッドセンチュリー・モダンデザインのパイオニアとして活躍された

アメリカの家具デザイナーのイームズ夫妻に気に入られて

日本から、はるばるアメリカの自宅のコレクション棚に飾られたこけしが

弥治郎系の鎌田文市工人のこけしであることが知られていますが、

経年によって完全に退色してしまったそのこけし(イームズこけし)を

様々な資料を元に研究し、見事復元させたのが

こちらのこけしの作者である孫の鎌田孝志さんです。

kamakura54



以前から我が家に住んでいたこちらの大きい方のこけしは

鎌田文市さんのオリジナルのこけし。

おそらくこれと同じタイプのものがイームズ邸に飾られていたのでしょう。

色鮮やかなPOPな彩色にキリッとしたお顔立ちです。

kamakura51


久しぶりのおじいちゃんのこけしとの再会に甘える

お孫こけしちゃん。なんだか嬉しそう。



お孫さんの孝志さんのこけしは

祖父の文市さんが好んだ重ね菊を胴模様に使ったり

お顔の表情の特徴を受け継ぎながらも

祖父のこけしよりも、淡くて柔らかいタッチで描かれています。

お顔立ちもどことなくほのぼのとした感じで、見ていて癒されます。

祖父である文市さんの作風が父である孝市さんに受け継がれ、

それを孫である孝志さんが受け継いで行く.....

日本の伝統文化の継承は素晴らしいですね。




コケーシカでは短い時間ながらも、いろいろなこけしちゃんを

連れて帰りました。

こちらはとっても小さな5センチほどのミニミニこけし3人組。

ぺちゃくちゃにぎやかな女子トークが聞こえそうです。
kamakura55


水玉模様の可愛いまげを結っているこのこけしは

およねちゃん。

なんと便せんをこけしの中に入れて付属の宛名ラベルを付ければ

120円切手で送れる通信型のこけしです。

kamakura56



これと同じ通信型のこけしちゃんの、この子や

kamakura58


あの子も捕獲。

お友達の分もどんどんお買い物かごに入れて大人買い〜〜〜〜
kamakura57


こちらは以前お友達のhirokoちゃんがコケーシカに行った際に

おみやげでいただいたボールペンになっている子守りこけし。

可愛くってお気に入りだったのですが

中に入っていたインクがなくなって書けなくなってしまったので

2代目の子守りこけしちゃんを購入〜〜

kamakura50


店内にはこけしのガチャポン(300円)もあって、

ダイヤルを回したら、こんな子が飛び出してきました。

岩手の南部系こけしです。

kamakura59



家に帰ってから撮った写真をマジマジ見ていると

ああ、なんでこの子連れてこなかったんだろう...って

後悔ばかり........

こけしのバッチも可愛かったなぁ.........

kamakura63


こけしとの出会いは一期一会。

次回、どんな出会いがあるのか楽しみは後で取っておくことにしましょう。



写真撮影を快く承諾してくださったコケーシカの店員さん、

ありがとうございました。



コケーシカ鎌倉
                 住所: 神奈川県鎌倉市長谷1-2-15
                 電話番号:0467-23-6917 
                 営業日:月・金・土・日曜・祝日
                 営業時間 :11:00〜18:00
                 江ノ島電鉄線由比ヶ浜駅より徒歩10分
 

コメント一覧

    • 1. hiroko
    • 2014年08月09日 02:14
    • 待ってました~!
      鎌倉といえば、コケーシカよね。
      うわあ~~~ん、可愛いのがいっぱいある~。
      あれもこれも、欲しくなっちゃうよ。
      貝殻人形、素敵。これも販売品?

      それにしてもリカリンちゃん、
      よく30分で出てこれたね。
      私だと、1~2時間はいるかも。。。

      お揃いこけしが見つかって、良かったね。
    • 2. rikarinn
    • 2014年08月09日 15:24
    • hirokoちゃん、貝殻人形は販売品だよ。
      栞と箱は当時のものを復刻したんだって。
      実家にもあるけれど、当時のものってすごく手が込んだ作りで
      素敵だよね〜〜
      6種類あって、どれがいいか決められなくて買ってこれなかった〜

      今度行く時は、必ず買ってこなくちゃ!
      お風呂こけし、また入荷するといいなぁ〜〜〜
    • 3. BABA
    • 2014年08月10日 12:33
    • こ、これは萌えますね~~
      悶絶しそう!

      確かにお孫ちゃんこけしは若干今風?
      子守こけしちゃんも なんてキュートなんでしょう

      こけし型のタグもかわいいですよね

      行ってみたいなぁ
      数年前に鎌倉に行きましたが 知らなかったな
      残念(><)

      私も半日でもここにいられそうです
      こういうお店の店員さんになりたいわぁ
    • 4. rikarinn
    • 2014年08月10日 21:26
    • うふふ....葉っぱさん
      私たちは店長には絶対なれないと思います。
      だってせっかく仕入れたこけしちゃんも
      お店に並べる前に
      自分のものにしちゃうもの

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
*Profile*

rikarinn

物心ついた時からお人形と暮らしていた管理人のrikarinnが
大好きなお人形やアンティーク雑貨の事などを綴っています。
2001年に立ち上げた本館サイト「Myprecious dolls」は
現在リニューアル準備中なので
当面の間、更新はこちらのブログにて行っています。

※当ブログ内の写真や文章の無断転載・転用
及び二次使用はご遠慮願います。

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ