今年最初の『お人形で○○をやってみた』シリーズの第一弾は

羽生結弦の陰陽師です。

今季 [SEIMEI]と名付けられたフリー演技では、

2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎主演で製作された映画「陰陽師」の劇中歌を使用し

平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明の世界を再現

NHK杯でショート、フリー合せてのトータルスコアで史上初の300点越え、

それに続く2週間後のGPファイナルでは

自身の持つ世界最高点を再び塗りかえる驚異の点数を叩き出したのはまだ記憶に新しく

この2つの演技は何度見ても鳥肌が立つほど感動します。




今回、羽生君を演じてくれたのはリカちゃんキャッスルオリジナルのかける君(NO.10976)

関節に動きを持たせたかったのでボディはオビツボディに変えています。

狩衣を模したコスチュームは、

録画したフィギュアスケートのシーンを何度も繰り返し見て

苦しみながらもなんとか自力で作りました。


yuzu12-1


ピンと張りつめたような静寂な空気を破るように響きわたる太鼓ともの悲しい笛の音。

見えない敵と戦っているかのごとく右に左にと身をかわし宙を切り裂く指先。

まるで安倍晴明の魂が今まさにこの瞬間

羽生くんの身体に降臨したかのようです。

YUZU10-1

YUZU7-11

yuzu17-1

YUZU18-1

YUZU2-1

YUZU5-1

YUZU9-1

YUZU3-1

YUZU8-1

YUZU6-1

YUZU1-1

YUZU4-1

炎の中から
神社 デコメ絵文字安倍晴明降臨神社 デコメ絵文字

YUZURU


YUZU00


今、マイブームになっているのは

テレビの音声を消したまま

今季ショートプログラムで演じている羽生君の動きに合せて

ピアノでショパンのバラード1番を演奏すること。

あたかも羽生君と共演しているかのようで

一人自己満足の境地に陥ってます。(*^_^*)

ただこのバラード、譜面通りではなく

規定のプログラムの長さに合せてだいぶ端折っているので

映像に合せて弾くのは至難の業ですが.....


羽生結弦君の次なる戦いはボストンで開催される世界選手権。

今後の活躍、とても楽しみにしています。☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ