運命のいたずらか、みね子がある大女優と出会ったことで

2年前に出稼ぎに出たまま消息を断っていた父、実の情報を

知ることになります。

でもそれは、みね子やみね子の母にとっては

知らなかった方が幸せだったかも知れない衝撃の事実でした。

せつないシーンをお届けする前に

少しでもそのせつなさをやわらげたいと思って

こんな写真を撮ってみました。


あかね坂商店街のトキワ堂薬局の店頭に置かれている

人気者アイドル・いちこ。

無口をいいことに

みんなから悩みを相談されたり、八つ当たりされたり、小突かれたり.....

でも彼女は嫌な顔ひとつみせないで

みんなの気持ちを受け入れてくれてます。


ichiko-insta



このいちこは紙粘土で作ってあります。

最初、いちこを作るつもりは全くありませんでした。

テレビを見ながら、無造作に紙粘土をいじっていたら

なんとなくいちこの頭らしきものが出来ちゃったので

試作品を作ってみようかなと思って

そのまま続けていたら思いのほかいちこに似ていたので

そのままいちこにしてしまいました。

紙粘土はダイソーのもので

パステルカラーの色合いがいちこソックリでした。


そして、いちこを作ったからには

やっぱりトキワ堂薬局に置いてみたいなと思って

そこからトキワ堂薬局を作り始めました。

玄関だけしか作ってない簡単なものですが

リーメントの薬屋さんのアイテムをあれこれ並べたら

もう楽しくって.....

基本、作ったセットは写真を撮り終えたら解体してしまうのですが

勿体ないのでもうワンショット撮ってみました。



ichiko


illust3786





ある日、みね子のアパートに世津子がやってきます。

逢わせたい人がいるので自分のマンションに一緒に来てくれないかと

思い詰めたような表情の世津子に

ただならぬ不安を感じながら世津子の後を追うみね子。


「ただいま。今日はお客さんを連れてきた。」


「おかえり、え?珍しいね。

いや、初めてか。」



聞き覚えのある声にみね子は固まります。

なんとそこにいたのは、2年間も消息を経っていた父、実だったのです。

動揺しているみね子に世津子さんが話しかけます。


「あなたのお父さんはね、何も覚えてないの。昔のこと。

自分の名前も、どこで生まれ、育ったのかも.....。

家族のことも。」



「うそだそんなのうそだ!

だって....。だってお父ちゃんですよ!

覚えてないなんてそんなごと あるわげないでしょう!

ねぇ、みね子だよ。お父ちゃん。

どうしたのよ?何でそんな顔してんの!

ねぇ、みね子だよ?」



父親が自分のことを覚えていないという

目の前の現実を受け入れられないみね子。

突然姿を消した父親は

何もかも嫌になってしまったために姿を消したのだと思い込もうとします。

自分のこと、家族のことを忘れてしまったことよりも

そう思った方がはるかに気が楽です。

さらにみね子は言います。

「お父ちゃんがここにいだくて帰りたくないんなら....私

逢わなかったごとにすっから。

今日のこどは忘れっから。それでいいがら。

生きててくれただげでうれしいし。

お父ちゃんのこど、責めるつもりなんて全然ないがら......


んだがら....。

覚えてないなんて 言わねぇで.....。

みね子だよ....お父ちゃん...。」


apartment1


なんてせつない展開なのでしょう。

ようやく探しあてたお父ちゃんはかつてのお父ちゃんではありませんでした。

イニシャライズされて都会的で小綺麗になって

みね子に敬語で話す別人のようになっていました。

思わずお父ちゃんの腕にしがみつくみね子の手を

ふりほどきそっと頭を下げる父、実.......。

実さんの ごめんなさい という言葉が

みね子だけでなく私の心にも突き刺さりました。


愛する人が、今まで自分と築いてきた大切な日々を忘れてしまうなんて

どんなに悲しいことでしょう。


「嫌です!嫌です、こんなの! 嫌です!」


耐えきれず外へ飛び出し

降り出した雨の中ひとり佇むみね子。

その姿を追って実がみね子に傘を差し出します。


AME-MINEK-final


そして、実は川本世津子との出会いを話し始めました。

あの日、どうしてケガをしたのかも、自分の名前すらも思い出せず

あちこちさまよって歩き疲れて降りしきる雨の中、

世津子のマンションの敷地内のベンチで座っていたこと。


AME1-final-1


その姿を見かけた世津子に傘を差し出され、手当をしてもらい

それを機にここで暮らすようになったこと.....。

apartment6


記憶を無くした実を世津子は驚いて

警察へ届けようとしましたが

それを断ったのは実でした。

あちこちケガをして、手も血だらけになっていて

ひよっとしたら自分が人を殺してしまったのではないかと

思ったからでした。



いろんなことが一度に押し寄せてきて

どうしたらいいのかわからないみね子。

とにかくこの事を奥茨城のお母ちゃんの伝えなければ.....



すると鈴子さんが言いました。

手紙を書きなさい。

電話でなくちゃんと気持ちを落ち着かせて

手紙を書きなさい。


そしてどうやって手紙で伝えていいか悩むみね子に

時子がアドバイスします。

みね子の気持ちを書く必要はないと。

みね子が川本世津子さんに対してどう思っているのだとか

実さんの今の暮らしをどう思ったのかは

美代子さんが感じることだから....と。



みね子の周りにはこんな素敵な人達がいるんですよね。

とても一人では乗り越えられない試練も

みんなが支えてあげればきっと乗り越えられるはずです。




「お母さん、お父さんが見つかりました。

お父さんは東京で生きていました。

ただ、信じられないと思いますが

お父さんは記憶をなくしています。

自分の名前も覚えていません。

私のことも、家族のことも、覚えていません。」


tegami


その手紙にはお父さんが女優川本世津子と暮らしていることも

書かれていました。

お母さんはどんな気持ちでその手紙を読んだのでしょうか....

記憶をなくしているということだけでなく

別の女性と暮らしているだなんて.....



そして美代子は仏壇に手を合わせ

引き出しから結婚指輪を取り出し左手にはめ

棚の上に飾ってあった家族写真を持ち

意を決して東京の世津子のマンションに向かいました。

相手は富も名声もある綺麗な大女優。

かたや自分は奥茨城の貧しい田舎で

農業をするだけがとりえの女........


お母さんにとって結婚指輪は

大女優に対抗できる唯一の武器であり

家族写真がお守りだったんですね。



まずは夫を保護してくれた世津子さんにお礼を言う美代子でしたが

夫がいなくなった2年半分の想いが吹き出します。


「どんな思いで私たちが....

私たちが行きてきだか

わかりませんか!考えもしませんでしたか?!

この人に家族はないのだろうか、

その家族はどんな思いでいんだろうかと

考えもしませんでしたか!?」



どうして2年以上もそのままにしていたのか。

もし病院や警察に届け出てくれていたら

夫は家族のもとへ帰ってきたのではないかと世津子に詰め寄ります。


「この子は、いなぐなった父親の代わりに、

家族に仕送りするために東京へ来ました。

この子が

どんな気持ぢで働いでだが、わがりますか?

その仕送りを、

どんな気持ぢで受け取っていだがわがりますか?」


apartment2


その言葉にいたたまれなくなり顔をゆがめる世津子。

世津子をかばうように実が口を挟みます。


「それは私が......」


そうです。世津子さんは実を警察に届けようとしていたのに

それを断ったのは実の方でした。

しかし、言いかけた実の言葉を世津子は遮りました。

出て行って欲しくなかった...と。

いけない、間違っていると思いながら。

そのままにしてしまった。

実と一緒にいるのが楽しかったのだと。

確かにこの人は谷田部実さんという人なのかも知れないけれど

ここに来た日から名前のない人で

雨の日に出会ったから雨男さんと呼んでいたこと。

そして実(雨男)がここに来た日から

初めて早く家に帰りたいと思ったのだと言う。

でもそれは許されることではない。

みね子と偶然出会ったのもそういうことだと思う。

そう言って、美代子に頭を下げました。



apartment3-1


世津子は小さい頃に両親と死別し

叔父の家に引き取られたものの

貧しさゆえに学校にも行かせてもらえませんでしたが

家の手伝いの牛乳配達しているうちに映画関係の人と親しくなり

その縁で女優になったそうです。

すべては生きていくために.....


あたたかい家族や家庭を知らないまま

女優という鎧兜をつけて仕事一筋で生きてきた世津子さん。

ずっと孤独だった世津子さんの

唯一の心のよりどころが雨男さんだったのです。


警察には届けないで欲しいと言ったのは実さん。

でもそれを美代子に言わず、

敢えて自分を悪者にしたのは

美代子に対する世津子のせめてもの償いなのかも知れません。



でもみね子は

実自身が警察へ届けないでと世津子にお願いしたことを

知っています。

連絡をしないままここで暮らすことになったのは

世津子さんだけのせいではないのです。



ここに来る前に愛子さんがみね子に言葉をかけました。

みね子はよく言うといろいろな人の気持ちを察する事ができるけれど

悪く言うとどっちの気持ちも察してどっちつかずになってしまう。

だから今日はお母さんだけを見てなさいって。


それを守って、みね子は

母親の言っている言葉だけに耳を傾けます。

世津子さんには可愛がってもらって

いろいろお世話になって感謝しているけれど

今は、夫が2年半も他の女性と暮らしていた事実を知った

おかあさんの悲しい気持ちに寄り添います。



いち視聴者として

母親から父親を奪った世津子さんを憎み

美代子さんだけを応援できたらどんなに気が楽なことか......

でも、今まであたたかい家庭とは無縁だった世津子さんが

雨男さんと出会って生まれて初めてみつけた

家庭のあたたかさ、ぬくもり.....

誰もが持っていて当たり前のささやかな幸せをようやく手にして

雨男さんといるときだけ

女優でなく本来の かわもとせつこ になることが出来たという

世津子さんの気持ちを知っているだけに

世津子さんにも寄り添ってあげたくて

見ていてとっても切なかったです。


illust3786



この後、ラストまで一気に書こうと思いましたが

長過ぎてしまうので

一旦ここで区切ることにします。


お人形版ひよっこは、3月にクランクアップ予定でしたが

諸事情により4月にずれ込んでしまいました。とほほ....

残るはあと3シーンを残すのみ。

次回の更新が最終章になります。