ビスクドール

夢みるBru 3作目

台風の心配をしながら、二泊三日の計画で

名古屋のビスク教室へ行ってきました。


最初の天気予報よりも、早く台風が通り過ぎてしまったおかげで

関東から来た私は順調に名古屋駅へ到着できましたが

いつもお人形合宿にご一緒させていただいている

近畿地方からいらっしゃるお友達のBABAさんは、 

地元の駅まで出向いた所で、台風の影響で電車がストップして いることを知り

一度家に帰り、なんとご主人に車で送ってもらって

高速道路を1時間半かけていらっしゃいました。

去年の秋、台風の直撃でお人形合宿を切り上げて帰らざるを得なくなったので

今年は秋は避けて夏に計画を立てたのに

まさか7月に台風の影響を受けるとは思いもよりませんでした。
 

 

今回は昨年の10月から手がけている42cmの大きめのBruの仕上げです。

Bruは立て続けに作っていてこの子が3作目となります。


右が1作目のシャルロットちゃん 33cm
※1作目の記事はこちら

左が2作目のユリアちゃん 33cmです。
※2作目の記事はこちら


aa3d1f510

 


目のカット、上下の睫毛、ほお紅....と順調に進んでいき

今日はいよいよ苦手な眉毛描き。

小さいお人形と違って、大きな子は描く長さも変ってくるので

小さい子のように一筆でさっと線を引くことができず、

いい線を描くのに、 描いては消してため息ついてまた描いては消して.....って

たった1本の眉に30分もかかってしまうこともありました。

でもようやく描きあげて、最後の焼成をしていただいた後

先生のたくさんのストックの中から、この子に合う瞳とウィッグを

ワクワクしながら選びます。

20170711

この時間が何よりも楽しい〜〜〜

自然とテンションが

この時間のために、苦しいペイントも頑張れます。

 

瞳の色や虹彩の模様、黒目の大きさで随分イメージが変りますが

今回選んだのが、大きな黒目のあるブルーグレイの瞳に

落ち着いたブロンドのウィッグ。

Bruというと、不機嫌そうな美人さんのイメージですが

とても優しくて可愛らしい感じのBruに仕上がりました。

素敵なことを夢見るBruのイメージです。

Adeline(アデリーヌ)と名付けました。

愛くるしいこの子の瞳を見ていると

リチャードクレーダーマンの渚のアデリーヌが聞こえてきそう....

20170712


3日間のお稽古に付き合ってくれたゆめゆめ人形館のhirokoちゃんも

ちょうどSteinerを完成させたので2人で記念撮影をしました。

2人ともまだドレスを作ってなかったので

裸では可哀想ということで、急遽ソファーにかけられていた布とレースで

即席のお揃いのドレス!

今回も同じお誕生日で嬉しいな

201707220


おとなしそうなBruのアデリーヌとおめめの大きな好奇心いっぱいのSteinerのマリオンちゃん

まるで姉妹のようです。



Bruの作業の合間に作った勿忘草ちゃん(4作目)。

20170723
 

今回の子は黒髪に赤いリボンの昭和レトロちゃん仕様に....

(一番右端が、今回 制作途中の勿忘草ちゃんです)
 

2回に分けてペイントをするために今回は仕上がりませんでしたが、

今までの中で一番の美人さんになりそうな予感。 

次回はレトロなお洋服を用意して、連れて帰ってきたいと思います。

 


お人形合宿の楽しみのひとつのホテルでの朝食バイキング。

ダイエット中の私はおかゆや和食中心で少なめにいただきます。

20170720


(これで少なめか?とつっこまないでくださいね


そしてBABAさん、hirokoちゃんとの楽しいディナータイム。

(今回写真を撮るのを忘れてしまった.....



出かける前はまだかまだかと指折り数えてきた楽しいお人形合宿も

あっという間に終ってしまい
 
いつものように帰宅の途に着く夕刻の名古屋駅。 

20170721

 

楽しかった夢の世界から満員の電車の中へと吸い込まれて行きます。


 

いつも快適にレッスンができるようにいろいろサポートしてくださる富野先生や

hirokoちゃん、そして BABAさん、ありがとうございました。

次回のお教室ではこの子のドレスを作る予定です。 


20170713







 

2人のわすれなぐさちゃん

ビスク教室に通い始めて早5年目。

遠方ゆえに年に数回しか通えず

またこの5年の間に東日本大震災があったり、両親が入院したりで

なかなか通えない時期もありましたが

お人形を作りたいという気持ちは ずっと続いています。

前回はちょうど大型台風の日本横断と重なり

2泊のレッスンの予定を早めて1泊だけのレッスンを余儀なくされましたが

今回はGWを利用して、2泊3日のお人形合宿に行ってきました。

今、手がけているのは完成すると43cmほどになる大きなBRU.

今まで2体のBRUを作って来ましたが、今回はその子達よりも大きいサイズとなります。

たった1本の睫毛でもBRUらしい睫毛を描くのにはかなりの根気と時間がかかり緊張の連続.....

時々ほっと一息つきたくなってしまい

そんな時には、自分の好きなお顔を思い通りにかける

小さいビスクちゃんを作っています。
 

今回仕上がったのは、2人のForget me not 。

通称わすれなぐさちゃんです 

焼成の関係で前回持って帰ることができなかったので

今回は前回のペイントの仕上げと組み立てをしてようやく我が家の一員となりました。
 

b_simple_98_0M
 

まずは1人目のForget me notちゃん

名前はシャルロッテ

でもみんなからはロッテと呼ばれています。 

好きなものはピアノとお料理、苦手なものは運動とわんちゃん


wasurenagusa4



Forget me notちゃんは3度目のお人形合宿で作っていましたが

前回とは別の絵柄お着替えシートを揃えていただきました。

柄違いの台紙に柄違いのクロモス。

今回は小さな女の子と男の子の可愛いペアさん。

バラのクロモスやお気に入りのアクセサリーパーツ、

リボンもちょっと豪華に貼付けてみました。

どんなものを飾り付けようか、ストックの箱の中からあれこれ取り出して

台紙に並べている時が一番楽しい時間です。 

ピンクのドレスと白のドレスは前回同様の材料で作りましたが

ちょっとだけデザインを変えて作りました。 

 
WASURENAGUSAPINK00


こちらはハンドメイドの時計。

白木のキットを組み立ててトールペイントを施しました。

WASURENAGUSAPINK1


おリボンは水玉模様にしています。

横目づかいが可愛いです。

WASURENAGUSA6


wasurenagusa4



こちらの家具も白木で買ってきて

後からトールペイントで絵柄を描きました。
 


WASURENAGUSA7



もう一人はルイーゼ。

とっても明るくてお転婆さん。

好きなものは運動とわんちゃん、苦手なものはピアノとお料理

ロッテとは正反対の女の子。

こちらのお着替えシートは前回作ったものです。

 
WASURENAGUSABLUE00


ルイーゼのお洋服はリボンに合わせて

水色の生地を選びました。

白いバラのコサージュも付けてみました。

WASURENAGUSABLUE7


WASURENAGUSAblue3


身長14センチのお人形は

ちょっとした小物にもピッタリ。

この子達に合いそうな小物をあちこち引っぱりだしては

撮影そっちのけでついつい遊んでしまって

なかなかブログの更新ができませんでした。


WASURENAGUSABLUE6


ここはロッテとルイーゼが住んでいる家のママのお部屋

2人はママの真似をしてこっそり香水をつけたり

アクセサリーをつけてオシャレするのが大好き。


WASURENAGUSA8



屋根裏には2人の子供部屋があります。

このドールハウスはだいぶ前に作ったものですが

このちびっこ達にピッタリサイズです。 

WASURENAGUSA9



真ん中の子は3回目のお人形合宿で作ったForget me notちゃん。

おめめの描き方で随分表情が違ってきます。

WASURENAGUSA333


いつもお人形合宿でご一緒させていただいているBABAさんが

2人にとっても可愛いスカートを作ってくれました。

赤いチェックと、グリーンのチェックのプリーツスカート。

懐かしい昭和レトロの感じがしてとっても可愛いです。

BABAさん、どうもありがとう

この2人はこの春から小学校へ通っています。


wasurenagusa5


ルイーゼちゃん待って〜

ランドセルの蓋があいちゃってるよ〜〜


WASURENAGUSA12


この可愛いマッチ箱はお人形合宿の時に

いつも付き合ってくれるhirokoちゃんからのプレゼント。

ブログでもご紹介されていたかわいい金魚さんの

「お砂糖通りマッチ」 

あんな可愛いものがうちにやってくるなんて思ってもみなかったので

とっても嬉しい〜〜 

hirokoちゃん、ありがとう


wasurenagusa0000

わすれなぐさちゃん、大好きです。

今度から合宿のたびに1人ずつ作ってみようかな



 





 

グーグリーちゃんのピンクッション

上手下手は別として

私はハンドメイドは大好きなのですが

どうもお裁縫だけは昔から苦手でした。

 どのくらい前から苦手だったかと言うと

それは数十年前の幼稚園時代に さかのぼります........

当時の私は体がとても弱く、よく風邪をひいては熱を出し

幼稚園をよくお休みしていました。

 幼稚園の卒園まであともう少しと言うときに

またしても熱を出し、1週間ほどお休みしてから通園したある日

担任の先生が私だけ部屋の隅の机まで連れて行き

大きな画用紙を渡して、これに好きな絵を描きなさいと言いました。
 

どうやら、私がお休みしていた間に

他のお友達は卒業作品の課題をやり終えていたらしいのですが

お休みしていた私だけまだやっていなかったのです。

その画用紙には、マス目に 小さな穴が規則正しく空けられていていました。

何のための穴なのかもわからず、 

今まで穴の空いた紙に絵を描いた事がなかったので

できるだけその穴をよけながら、女の子の絵を描きました。


すると、今度は先生がリボンを通した針を持って来て

空いている穴から

まずリボンを通した針を下から上に出して、

今度はその針を描いた絵にそって

上から下へと通して、つまり運針の要領で

リボンで描いた線をなぞるようにと指示したのです。



やってごらんと言われても私はそれが全くできませんでした。

だって、私が描いた線はわざわざ穴をよけて描いていたから

当然描いた線の上には穴が通っていなかったのです。

すると、先生は描いた絵の線の近くの穴にリボンを通すように言い

しばらくお手本をやってみせてくれました。

でも、単純に隣の穴にリボンを通すから

丸みを帯びた女の子の顔が角ばって行きました。

そして描いた線のすぐ近くの穴にリボンを通すことで、

左右のおめめや眉毛の位置が対称でなくなってしまって

せっかく可愛く描いた女の子の絵が

だんだん変な顔の女の子になってきていました。

例えばその絵がおうちだとか汽車だとか

直線を使った絵だったら、リボンと針を使って

絵を描けたかも知れませんし

たくさんの穴があいてある用紙だったら

丸い線も描くことができたでしょう。

でもその用紙の穴は2センチくらい間隔でしか

空いてませんでした。

 

それで先生が他の部屋に行ったときに、

画用紙から、先生がやったリボンを全部引っこ抜いて、

他の子がお遊戯している姿をぼんやりと眺めていました。

 

しばらくすると先生が戻って来て、

なんでせっかくやってあげたのを引っこ抜いてしまったの!と怒り出しました。

その担任の先生はとても怖い先生で

キツネのようなつり上がった目をしていて

言う事をきかない子供や、給食が遅い子供を

よく暗いトイレの中に閉じ込めていました。

お遊戯をやっている時に、トイレから

『先生、出して〜。ごめんなさ〜い』っていう泣き声がよく聞こえてきてました。

 

私は聞き分けの良いお利口の子供だったので

その先生からトイレに閉じ込められることはありませんでしたが

この課題ができなければ、私もトイレに閉じ込められるかも知れないと思うと

怖くて、怖くて、震えながら穴にリボンを通すのですが

やはり女の子の顔が角張ってロボットのようになってしまい

またそこで手が止まってしまいました。

 

するとそれを見た先生が『なんでこんな簡単なことができないの!』と怒鳴って

私の手の甲を思い切りつねったのです。

できないのではなくて、やりたくなかったのです。

そんな変な顔の女の子になるんだったら、やりたくない...........

でも小さかった私にはそれが上手く説明できませんでした。

そして、ただただ『運針』といいものが

恐怖以外の何者でもないということを

植え付けられてしまいました。

つねられた手の痛みと真っ暗なトイレに閉じ込められるかもしれない恐怖。

さらに、監視されていることから来る緊張感。

今から考えたら、バカバカしいことですが 

これがずっと私の心の中のどこかにあって、

お裁縫の時間は大嫌いで、今までずっと苦手意識を持っていたのです。



先日、部屋を整理していたら

その時に作った絵が、出てきました


sew1



これがその時の絵です。

ですが、私はこの絵を完成させた覚えはありません。

不思議なことに白かった画用紙が緑の絵の具で塗られていました。

きっと私が描いた線を緑の絵の具で消して

先生が代わりに作られたのでしょうね。





 そんな訳で、お裁縫の時間がとても嫌いになってしまった私ですが

最近、そうでもないのです。

むしろ、お裁縫って楽しいかも.....と思えるようになってきたのです。

saw2



富野先生のキットで作られた青いボンネットの少女のお人形。

一人では可哀想なので

先生にお願いして、ピンク色のバージョンでキットを組んでもらい

早速作ってみました。


saw3


先生がお顔を描かれたハーフドールを使い

レースでスカートやドロワーズなどを作って、ハーフドールに合体させるもので

私のようなお裁縫が苦手な方でも、それなりに完成できます。

sew4


ボネには小さいローズの花が描かれていてとても素敵。

sew5


一人でも可愛いのに

二人並べたら、 なんて可愛いのでしょう。

お裁縫の上手な方が作られたブルーちゃんと

ほぼ同じような出来映えに気を良くした私は

4年前に購入した富野先生のグーグリーちゃんのピンクッションを

作ってみたくなりました。


当時、送っていただいたキットの説明書を読んで

その複雑さゆえに、わぁ〜私には無理、無理......と

仕舞い込んでしまったキットも、

お裁縫の神様が降りて来ている今だったら

出来るかも..............



そう思い立ってすぐにグーグリーちゃんのピンクッションを

作り始めました。

そして不器用な私がなんと1日で完成できたのです。

sew6

 
アンティークレースでパッチワークされた布が

とても優しくて上品でしょう?

4面とも同じレースを使っているのに

土台の布はピンクとエクリュ色と交互に繋がっているので

レースから土台の布がうっすら透けて見えて

お隣同士で別の表情を見せています。

おててを広げているグーグリーちゃんも

抱っこして〜って言ってるみたいで

とっても可愛いです。


お裁縫の楽しさが ふわっと広がったスカートの中に

ぎゅっと詰められたようなピンクッション。

これでますますこれからのお裁縫が楽しくなりそう............


sew7



どうかこのまま お裁縫の神様がずっといてくれますように....


sew8


2体目のBru

今年(2014年)の初めてのお人形合宿

昨年秋に続いてブリュ・ジュンを作りました。

私にとって2体目のブリュ です。

夏のお人形合宿の時は、割とトントン拍子にペイントできたブリュですが

今回は2体目とあって、1体目よりも 上達していないといけないとのことで

先生のご指導も厳しく

1筆描いてはダメ出しの連続..........

今回の合宿期間中だけではとても完成できないのではと思えたブリュですが

3月23日、お友達のhirokoちゃんのブリュ(ロズモンド)ちゃんと時を同じくして

苦しみながらもなんとか完成できました。

hirokoちゃんのロズモンドちゃんは向かって右側

明るいブロンドのお嬢さんです。


julia9


ロズモンドちゃんとお誕生日が一緒で嬉しいな。

仲良しの私たちのように

お人形たちも仲良しです。


julia8
 
 

ペイントに時間をたくさん費やしてしまったために

合宿では手が回らなかったドレス作り.......

先生に教えていただいた手順を忘れないように

新幹線の中でイメージトレーニングしながら

後日、完成させました。


今までは、短い合宿期間中にあれもこれもと欲張って

いろいろな知識を詰め込んで帰るのですが

自分の処理能力を越えてしまって

結局は何も身に付かないことの連続でしたが

今回のスローペースの合宿で

自分の能力に見合った進め方が功を奏したのか

こんがらがっていた糸がするっとほどけたように

頭の中が綺麗に整理されて

あんなに嫌いだったお裁縫の苦手意識も薄れて

時々、『楽しい」という感情さえ覚えるようになってきました。

このドレスを作り始めてから

初めて気付いたお裁縫の『楽しさ』。

この気持をいつまでも忘れずにいたいです。
 
b1


  ブリュ(約33センチ)
 

名前はユリアと名付けました。

1体目のシャルロットちゃんの妹になりますが

生まれてすぐにドイツから

ロシアのリプニツカヤ家に養女としてもらわれて行きました。

(いつもの妄想入っています。無視してください)

 
julia1



ペイントが完成すると、ウイッグやアイを選ぶ

楽しい、楽しい至福の時間がやってきます。
 
1体目のシャルロットちゃんは茶色のおめめで大人っぽいクールビューティーだったので

2体目の子はブルーの瞳の幼い感じの子にしようと決めていましたが

ブルーのおめめをあてて、ストレートのロングヘアーのウィッグをかぶせたら

あの強気の妖精、

ユリア・リプニツカヤちゃんのイメージに重なりました。


 
julia2


勝ち気で聡明なブリュ/ユリアの誕生です。

特技は柔軟な体........

 
julia3



julia11




julia7


1体目のシャルロットちゃんとの2ショット。

こうして並べてみると

ユリアちゃんの睫毛の方が繊細なタッチで描けているような気がします。

少しは上達してるといいなぁ......



julia6


今回のお人形合宿は、お人形友達のBABAさんとご一緒。

途中からhirokoちゃんも合流して

とても賑やかな合宿となりました。

合宿のメインイベントのおしゃべり女子会も健在。

今回も仲良しのかりんぼちゃんが訪ねてきてくれて

いつものファミレスで23時の閉店まで

今回は4人で大いに盛り上がりました。


julia10


かりんぼちゃんが連れて来てくれたコケロミン

こうみえて、楽器なんです。

カエルの形をした電子楽器で

口の開き具合によって音程が上下します。

私とhirokoちゃんのマトリョーミンと一緒に

合奏するつもりで、ちゃんと課題曲を練習してきてくれたのですが

あいにく、今回はマトリョーミンたちは合宿不参加だったので

コケロミンくんの独奏会となりました。

歌ってくれたのは『星に願いを』

音程が離れている難しい曲なのに、とても上手に歌ってくれました。

でも、かりんぼちゃん、

前回決めた課題曲は『星に願いを』でなくて

『見上げてごらん 夜の星を』だからね。

間違えた曲を一生懸命に練習してきてくれて......

いかにも、かりんぼちゃんらしい

次回のお人形合宿はみんなで合奏しようね。


今回の合宿もとても楽しく過ごさせていただいて

先生、お友達のみなさんに感謝です。


E84TDVSkOK7I9KAWf8MEIw




 

小さいビスクのおちかちゃん



あ、ちょっと待っててね。

後ろ向きでごめんなさい。

急いで、このボードに字を書いちゃうから......

今ね、おかあさんのお手伝いしてるの。


mini1


はい、出来上がりっと!

初めまして、みなさん。

わたし、おちかちゃんです。


mini7



夏のビスク教室で作った作品がもう一品あります。

身長9センチあまりのとっても小さい女の子。

あまりに小さいので『おちかちゃん』(おちいさいたの略) 

元々、棚に飾ってあったミニチュア(市販)にぴったりのサイズです。



mini3


時間をかけてゆっくりとペイントしたのではなくて

ブリュのペイントをしていたほんの合間に

帰りの新幹線の時間を気にしながらの大急ぎのペイントだったので

あまり丁寧に描いてはあげられなかったのが残念だったけれど

それなりに可愛くできました。


mini6



出来上がった時は裸ん坊でしたが

富野先生が可愛いニットのお洋服を着せてくださいました。

宝石箱が彼女のベッドがわり......



mini4

  

我が家のドールハウスに暮らしている

勿忘草ちゃんやグーちゃんなどの小さいビスクドールのシリーズは

何人いても、とっても楽しい〜〜。
 

実は子供の頃、このおちかちゃんにとってもよく似た

お人形が駄菓子屋さんで売っていました。

時々手芸のお店で見かける小さなキューピーさんと同じくらいの大きさの

ビニール製のお人形で

2つセットで小袋に入っているものが10組

台紙に貼られて売っていたのです。


ある時、珍しく父と散歩へ行って、駄菓子屋の前を通りかかったら

何でも好きなものを買ってあげると言うので

私は迷わず、前から欲しかったこのお人形を買ってもらいたいと思いました。


小袋にセットされているペアのお人形は、

赤いリボンの子同士がほとんどでしたが、

中には赤いリボンの子にレアな青いリボンの子の組み合わせや

ピンクのリボンの子もいて、

私はどのペアの組み合わせがいいのか、しばらく考え込んでしまったのです。

赤いリボンの子は可愛いけれど、

友達に自慢するんだったら、やっぱり珍しい色のリボンの子がいいよね....とか

でもピンクの子のおめめは少し小さいから

やっぱり大きなおめめの赤いリボンの子が可愛いよね...とか。

挙げ句の果てに、

台紙についたままのお人形のそれぞれに名前をつけて

脳内会話し始めたりして

しばらく遊んでました。

すると父は壁にかかっているその台紙ごとお店の人のところへ持って行きました。

えっ?まだ どれにするか選んでないのに....って思って

あわてて父の後を追いかけて行ったら

なんと父はその台紙ごと買ってしまいました。

今までそういうお店で買い物をしたことがないので、

小袋をはずして買うなどとは思わなかったらしいのです。

『うわぁ〜〜大人ってかっこいい!!

私も早く大人になりたいなぁ〜』って

その時初めて思いました。

1度に10袋、20人の子だくさんになってすごく嬉しくって

思いつくありったけの名前を考えて

一人、一人につけて可愛がってあげていました。

このおちかちゃんを見ていると

その時の事を思い出します。



 
ポケットの中のビスケットみたいに、

ポケットをたたくと、ちっちゃい子が一人、

名古屋に行くたび、ちっちゃいこが増える♪ 

 

mini9



ではごきげんよう! 
 

mini2
 
*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ