ぬいぐるみ

フルールちゃんがやって来た!


今年の自分へのバースディプレゼントに

SUGAR SHOPさんの可愛いにゃんこ「Fleurちゃん(フルールちゃん)」が我が家にやってきました。

SUGAR SHOPのerikoさんは唯一無二のオリジナルの可愛いベアや動物達を創り

作品のほとんどが抽選で当たらないと手にする事ができないほどの

大人気の作家さんです。


まずはオリジナルのデザイン画をスケッチし

その原画を忠実に再現できるように

縫う前と仕上げ後に染めたり加工したり....と手間をかけるそうです。

一旦、出来上がっても納得がいかないと

材料を変えて何度も作り直したり....と自分の作品にこだわりを持ち続けながら

作品創りに励んでいます。


そんなerikoさんのこだわりの作品を求めて

たくさんのファンが申込む中、

ダメ元で私も参戦させていただくことになりました。

憧れのフルールちゃんが我が家にやってくるという

淡い期待を胸にいだきつつも

落ちた時のショックを考えて

過度に期待することなく

淡々と抽選日を待っていましたが

初めて申込んだにもかかわらず、

なんとフルールちゃんをお迎えできることになりました。♫•*¨*•.¸¸♪

sugar1


頭に花かざりをつけてやってきたフルールちゃん。

Fleur(フルール)と付けられた名前の通り、

まさにお花畑で生まれてきたような

とっても可愛いネコちゃんです。

手足にジョイントがあるのでいろいろなポーズもつけられます。

sugar3



erikoさんオリジナルの可愛らしくコラージュされた箱の紐を解くと

つぶらな瞳の可愛いにゃんこがひょっこり顔を出していました。

インスタグラムで何度も画像を拝見させていただいたのと同じ

春の日差しのような柔らかいベージュ系の色合いにふわふわの毛並みのフルールちゃん。

ほっぺがほんのりピンク色に染まっています。

急いで抱っこすると、一瞬あれ?っと思いました。

こんなにふわふわなのに、ずっしりと重さを感じるのです。

その重さに、ただの『可愛らしい物』ではなくて

命のぬくもりのような温かさを感じました。

私も市松人形を作るときに

その子の年齢や性格や体格などを考えて

何グラムの重りをいれようか決めます。

重さがあると抱き上げた瞬間に

その子の命が感じられて一層愛おしさが増してくるものです。

sugar2



家に来た時は緊張しているせいか

ちょっと表情が固かったように見えたフルールちゃんですが

しばらくすると、たくさんの愛嬌をふりまいてくれました。

sugar4


とことこお散歩にでかけたり......

sugar5


花籠の中に入ってひょっこりお顔を出したり....

sugar8


宝石箱の上に乗っかっちゃったり.....

sugar7


せっかくフルールちゃん専用のハウスを用意してあげていたのに

あたらしいおうちに興味津々でちっともじっとしてくれません。


sugar9





あらあら.....ついに、お人形のおねえちゃんたちに捕まってしまいました。

sugar11


マギーちゃん、もうフルールちゃんが可愛くてしかたがありません。

ぎゅっとしちゃってます。

sugar12


すみれ色のマギーちゃんと

どんなお話をしているのかなぁ.......

sugar13


ベッツィちゃんにも抱っこされて

フルールちゃん、すっかり我が家のアイドルです。


sugar15

フルールちゃん、

我が家にやってきてくれてありがとう。 ♫•*¨*•.¸¸♪

erikoさんがひと針、ひと針、心を込めてフルールちゃんに注いだ愛情を

今度は新しいママがしっかり受け継ぎますね。

白いひつじとピンクのひつじ


hono1


こんにちは

ボク、しろくん

3年前に北海道からここのおうちにもらわれていったの。




hono2


北海道にはボクのお友達がたくさんいて

牛さんとおしゃべりしたり

蝶々を追いかけたりして遊んでいたんだ




hono9



3年前のラベンダーが咲く頃

新しいおうちを探すために

ボクたちは飛行機に乗って東京っていうところにやって来たの。

ボクたちはおとなしく机の上に座っていたけれど

そのうち、女の人が走ってきて

ピンクちゃんを大事そうに抱えて行っちゃったの。



hono3



ピンクちゃんはどこに行ったの?っておかあさんに聞いたら

名古屋っていうところに行ったのよって。

そのときは名古屋っていうところが

すっごく遠いところだったなんてわからなかったんだ。

ピンクちゃん  今ごろどうしているのかなぁ。

また逢いたいなぁ.......





hono4


あたしのこと、呼んだ?



HONO10



あ! ピンクちゃん!!


hono5


わたしはあの時のピンクちゃんではないけれど

しろくんが淋しがっているからって

北海道のおかあさんが作ってくれたの。



hono6

そうだったんだ......

でも、ボクうれしいよ。

ここのお庭にもラベンダーがたくさん咲いているし

てんとう虫さんやバッタさんと追いかけごっこできるよ。


hono77

しろくん、よろしくね。


ピンクちゃん、こちらこそよろしくね。





3年前のベアイベントで連れて帰った白いひつじくん。

その時、隣にいたピンクのひつじちゃんは

私のお友達の家にもらわれて行きました。

時々、空を見上げながら淋しそうにしているしろくんの

お友達を作ってあげたいと常々思っていましたが

ようやくお友達が来てくれることになりました。



hono7


しろくんとピンクちゃんが仲良くしている姿を見ると

とっても和みます。




とっても可愛いしろくんとピンクちゃんは

hono Bearさんの作品です。

honoさん、いろいろどうもありがとうございました!








 

 
*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ